ゲームプログラマーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

ゲームプログラマー

どんな職種?

ゲームプログラマー

仕様書に沿ったプログラムを組みゲームを作動させる

企画職が作成した仕様書に基づき、キャラクターや効果音が作動するようにプログラミングを行う仕事。プログラマーがいなければゲームを動かすことができず、また完成まで制作に携わる仕事であるため、重要な役割を担っている。プログラミング言語の習得やコンピュータに関する知識が必要であり、ほかの技術者とともに仕事を進めていくためのコミュニケーション能力も求められる。また、日々新しいものが生み出されるゲーム業界において、常に技術と知識を向上させようとする姿勢も大切だ。

こんな人におすすめ!

ゲームを構築するプログラミングスキルが求められる

ものづくりが前提条件になるゲームプログラマーにとって、ゲームが好きなことだけでなく、ゲームのキャラクターなどが正常に作動するようにプログラミングできる力が求められる。また、ゲームの完成には長い開発期間が必要であり、作り上げる作品に対して根気よく付き合っていくことも必要になってくる。1からものを論理的に構築していくことに抵抗がない人が適している。

この職種の収入は?

平均年収464.1万円 [デジタルコンテンツ制作の先端技術応用に関する調査研究 報告書(財団法人 デジタルコンテンツ協会)家庭用ゲーム産業に関わる開発者 参照]

ゲームプログラマーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:情報工学、通信工学、システム・制御工学、情報学など
  3. 採用試験就職先:ゲーム制作会社、IT企業、フリーランスなど
  4. ゲームプログラマー
  • Point1

    3Dを作成できることも大きな武器となる。また、プログラミング以外で得意分野を持つことも、新たなゲーム開発の際に役立つ可能性もある。

  • Point2

    C言語というプログラミング言語を使って自分でゲームが作れる技術を身につけておくこと。即戦力となる人材を求める業界で、採用試験で自主制作のゲームの提出を求められることも多い。

「ゲーム」に関する他の職種も
チェックしてみよう!