パン職人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「食・栄養・調理・製菓」に戻る

パン職人

どんな職種?

パン職人

シンプルなプロセスを極めるパンづくりのプロフェッショナル

パンづくりのプロフェッショナル。「まちのパン屋」と呼ばれるような店から、デパートにあるような店まで、規模はさまざまだが、つくり方にはあまり違いはない。基本的には小麦粉、水、塩、イーストなどのシンプルな材料を用いて、パン生地の仕込み・発酵・焼き上げ、というプロセスでつくられる。極めてシンプルなプロセスながら、発酵の度合いや焼き加減といったまさに職人技によって味が大きく変化する点が、この仕事の醍醐味(だいごみ)ともいえる。

こんな人におすすめ!

朝から晩までパンづくりをすることがあるため体力勝負。パンと向き合う覚悟が問われる

パン職人の仕事は夜明け前から始まる。朝食に間に合うように最初の仕込みを行い、そして夕食に並ぶパンを焼き上げるまで、1日中店内でパンと向き合うのがパン職人の毎日となる。体力勝負の面も大きく、何よりパンが好きでなければ続けることは難しいだろう。また、小規模な店の場合は常連客とのやり取りも店の魅力となるため、コミュニケーション能力が問われることになる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

パン職人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:調理学、食物学など
  3. 採用試験就職先:ベーカリーショップ、パン製造メーカー、ホテルなど
  4. パン職人
  • Point1

    専門学校でパンづくりの基礎的な知識を体系的に学ぶのが一般的な道だが、パン屋に就職して修業を積むという選択肢もある。

  • Point2

    パン職人になるための必須の資格はないが、実力の証しとして国家資格である「パン製造技能士」を取得するケースが多い。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「パン・菓子づくり」に関する他の職種も
チェックしてみよう!