Webプロデューサーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

Webプロデューサー

どんな職種?

Webサイト立ち上げにおいてプロジェクト全体を総指揮

Webサイトの新規立ち上げにあたり、プロジェクトを統括する仕事。クライアントの要望に沿った制作コストや進行スケジュールを踏まえた上でスタッフ編成を行う。実制作に携わるよりは営業担当としてクライアントと関わることが多い。制作現場を監督するのがWebディレクターであるのに対し、費用を含めたプロジェクト全体のリーダーとなるのがWebプロデューサーだ。プロジェクトを成功させるために、折衝能力とともにスタッフをマネジメントする力が求められる。

こんな人におすすめ!

スタッフのマネジメント能力と依頼主との調整力が必要

Webに関する知識や技術が必要な職種だ。依頼主が希望するサイト制作の予算やスケジュールで制作が可能かどうか、また、実際に製作開始になった場合、実働に必要な人員配置も行う。Webディレクターやデザイナー、専門の異なるスタッフをまとめるケースもあるため、マネジメント力も求められる。

Webプロデューサーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、情報学、通信工学、デザイン、映像、写真、メディア学など
  3. 採用試験就職先:Webサイト制作会社、システム開発会社、Webサービス企業など
  4. Webプロデューサー
  • Point1

    Webサイト制作会社で経験を積み、Webデザイナー、Webディレクターを経てWebプロデューサーに就任する場合が多い。ネットビジネスに関する知識があると望ましい。

  • Point2

    Webクリエイター能力認定資格の上級やWebプロデューサー認定資格、Web検定などを取得しておくと能力の証明になる。

「Web」に関する他の職種も
チェックしてみよう!