そのほかの美容・理容・メイクアップ系の職業になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「美容・理容・メイクアップ」に戻る

そのほかの美容・理容・メイクアップ系の職業

どんな職種?

流行や人のニーズに沿ったサービスを提供する

髪形やメイクの流行は時代とともに変わっていくものであり、それに伴い求められるサービスも変化している。例えば、人工の毛束を地毛に接続してロングヘアーを作るエクステンションは、一昔前は一般的ではなかったもの。まつげに施術する仕事もあり、専門サロンや資格を持ったスタッフも存在する。また、男性の美意識が高まったことや脱毛に悩む人が増えたことから、育毛を専門とする仕事が注目されつつあり、一般社団法人日本メディカルスカルプ協会が認定する「育毛プロデューサー」や「育毛ディレクター」といった資格もある。

こんな人におすすめ!

時代のニーズを捉え、探究心と創造力を常に持ち続けることが重要

髪型やメイクアップの流行は時代によって大きく変わるため、常に美容に関する情報をアップデートし続けることができ、時代のニーズを的確に捉えられる人が向いている。また、情報を得るための探求心と、顧客のニーズに合った新しい企画や提案を考える創造力が常に求められる。

そのほかの美容・理容・メイクアップ系の職業を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美容、心理学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:アイリスト、育毛プロデューサー、育毛ディレクターなど
  4. そのほかの美容・理容・メイクアップ系の職業
  • Point1

    働く企業、サロンによって必要資格が異なってくる。脱毛や育毛を提案するサロンで働く場合は、美容師免許が必要になることが多い。

  • Point2

    近年では、男性の美容意識も高く脱毛に悩む人が増えたことから、育毛を専門に取り扱うサロンが注目され、民間の認定資格もある。