メイクアップアーティストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「美容・理容・メイクアップ」に戻る

メイクアップアーティスト

どんな職種?

メイクアップアーティスト

依頼者の要望に応えてモデルやタレントにメイクを施す

雑誌やテレビで見るモデルやタレントのほとんどが美しいメイクをしているが、それを施しているのが高い技術を持つメイクアップアーティストである。塗ったり描いたりする技術だけではなく、モデルやタレントの骨格に合わせて、依頼に適したメイクを施す。撮影現場やスタジオの専属というイメージもあるが、ブライダルや化粧品メーカー専属のアーティストも数多く活躍している。メイクアップアーティストは実力次第で特定の企業に属さずフリーランスとなり、自身で事務所を開くこともできる。

こんな人におすすめ!

美容全般に関心を持ち、流行に敏感な嗅覚が必要

ヘアメイク、ファッションなど、美容全般に関心を持っていることが前提。ファッションや美容の世界は流行を先取りすることが求められ、常に新しい情報をキャッチしようとするアンテナを立てておく努力も必要になる。また、メイクアップアーティストは依頼者の顔や髪に直接触れ、近い距離で仕事をするため、相手をリラックスさせるコミュニケーション能力も欠かせない。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

メイクアップアーティストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美容など
  3. 採用試験就職先:プロダクション、ブライダルサロン、化粧品メーカーなど
  4. メイクアップアーティスト
  • Point1

    必須の資格はないが、髪をアレンジする際に「美容師」免許があると、その場でカットも行えるので仕事の幅が広がるだろう。

  • Point2

    メイクの他、カラーコーディネートや色彩学、バランス学などを勉強しておくと、メイクアップアーティストを目指す上でプラスになるだろう。

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「メイクアップ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!