生活指導員・生活相談員になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「福祉・介護」に戻る

生活指導員・生活相談員

どんな職種?

各種福祉系施設に勤務するソーシャルワーカー

生活指導員・生活相談員は、各種福祉系の施設に勤務するソーシャルワーカーを指す。採用された地方自治体によって、職位を与えられる任用資格である。勤務先は、特別養護老人ホームだったり、知的障がい者施設だったり、行政の判断で配属が異なるが、ケアプランを立て、対象者の自立をサポートする計画づくりが仕事。さまざまな訓練プログラムを立案でき、具体的な生活指導を行える専門職として、ニーズが高まりつつある。健康状態に限らず、身体特徴、性格、普段の生活習慣までもチェックする生活指導のプロといえる。

こんな人におすすめ!

相手の気持ちを理解し、人に尽くすことができる

特別養護老人ホームや知的障がい者施設など、多様な状況に置かれている人たちと関わり合う中で、責任感を持って利用者たちと向き合う姿勢が求められる。相手の立場で考え、思いやりを持って接することができる人が向いている。加えて利用者の家族、各施設のスタッフとの円滑なコミュニケーションを図ることができ、人に尽くすことに喜びを感じられる人が適している。

生活指導員・生活相談員を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:福祉学、介護福祉、社会福祉、介護学など
  3. 採用試験就職先:特別養護老人ホーム、デイサービス、障がい者福祉施設、福祉サービス公社など
  4. 生活指導員・生活相談員
  • Point1

    一般的に社会福祉法や厚生労働省で認められている「社会福祉士」「精神保健福祉士」「社会福祉主事任用資格」を取得していると就職に有利となる場合がある。

  • Point2

    生活指導員になるには地方自治体の条件を満たす必要がある。条件は自治体によって異なるので注意が必要。

「福祉」に関する他の職種も
チェックしてみよう!