そのほかの医療系の職業になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

そのほかの医療系の職業

どんな職種?

超高齢化や医療の高度化に伴って新たな雇用機会が創出される分野

医療の仕事範囲は多岐にわたり、超高齢化や医療の高度化に伴って、雇用も多様化している。今後も治療だけでなく、病気の原因を探ったり、疾病の早期発見、細胞やウイルス検査、新たな治療方法を開発していくような研究分野。また、来院・入院する患者の回復に尽くし、心身機能の回復をサポートしたり、心身障がいの回復を手助けする分野でも、新たな医療専門技術を持つ人材が求められている。一方、東洋医学や福祉、予防医学、医療情報管理系の人材も必要とされ、数多いスペシャリストが活躍できる分野だ。

こんな人におすすめ!

途切れることのない強い献身性と研究心を忘れない姿勢が重要

研究開発の分野では、現状にとどまることなく、常に新しいことに興味があり、真理や原因を追究していくことが得意という人には向いている。西洋医学だけでなく、東洋医学や福祉への理解・関心があれば多岐にわたる職種に適応できるだろう。

そのほかの医療系の職業を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:図書館情報学、医学、歯学、薬学、看護学など
  3. 採用試験就職先:医療機関、福祉施設、研究機関など
  4. そのほかの医療系の職業
  • Point1

    自分の目指す分野に必要な資格を取得する必要がある。研究職を目指す場合は、大学院に進学するか、企業に就職するかなど方向性はさまざまだ。

  • Point2

    自分の目指す分野にもよるが、それぞれの教育機関を卒業した後にその職に就くために必要となるステップを事前に調べておく必要がある。