整体師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

整体師

どんな職種?

整体師

患者の身体のゆがみを整える仕事。資格なしで独立開業は可能

骨や関節、骨盤などのゆがみを整えたり、筋肉のコリをほぐしたりすることで、身体の不調を整えるのが整体師の仕事。国家資格を必要としないため、技術を身に付ければ開業することができるが、整体院・治療院や整体サロンでアシスタントとして実務に携わりながら、独立・開業に向けて技術を磨くことが一般的。疲労や身体の不調、ストレスに悩む人に対して施術する他、スポーツ選手にリハビリを行うこともある。その技術には、流派や理論が数多くあるため、整体師はそれらを組み合わせながら施術している。

こんな人におすすめ!

人体の仕組みに興味をもち、患者と深く接していく

話を聞きながら身体の不調を解消していくので、患者の話の聞き方やコミュニケーションの取り方が上手で、包容力があることが求められる。力が必要だと思われがちだが、てこの原理を応用した治療を行うため、力に自信がない女性でも十分活躍が見込める。また、新しい知識や技術を積極的に学び続け、治療に取り入れていく姿勢が必要とされる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

整体師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:鍼灸・柔道整復学、リハビリテーション・作業療法・理学療法
  3. 採用試験就職先:整形外科、整骨院、ヒーリングサロンなど
  4. 整体師
  • Point1

    専門学校やNPO法人などが認定する民間資格を取得することで技術を証明する。医療行為を行う際には、「はり師」「きゅう師」「あん摩マッサージ指圧師」の免許が必要。

  • Point2

    人間の身体に関する深い知識を持っている必要があり、専門学校やスクールなどで理論や技術を学ぶのが一般的。開業を目指すなら経営知識の習得も不可欠となる。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「鍼灸・整体・マッサージ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!