Webディレクターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

Webディレクター

どんな職種?

専門知識と企画力を持ちWebサイトの制作進行を監督

Webサイトの制作進行を管理する仕事。Webデザイナー、ライター、イラストレーター、プログラマーなどで編成されたプロジェクトチームが効率よく業務進行できるよう指示を出すほか、顧客の要望を聞き、構成要素を決める。指示を出すとともに、仕上がりのチェックも行う。企画力、提案力が求められるため、Webサイトのプランニングやデザインなどの経験を積んだ後、ステップアップしてなるケースが一般的。制作に関する一連の流れと各パートの作業内容についての知識も必要とされる。

こんな人におすすめ!

Web全般に関する豊富な知識を持ち、自ら率先して周囲を巻き込んでいける積極性が重要

依頼主や自社の社員、チームメンバーなどと関わりながら仕事を進めるため、人の気持ちや心をくみ取る力が必要だ。そのため、コミュニケーション能力の高さが問われる職種といえる。それぞれに細かいフォローをしながら、全体のスケジュールを把握しつつ各所に指示を出さなければならないためリーダーシップも求められる。プロジェクトのかじ取りを担うので、Web全般に関する豊富な知識を持ち、周囲からの信頼を築ける人物が求められる。

Webディレクターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:通信工学、メディア学、情報学、デザイン学など
  3. 採用試験就職先:Webサイト制作会社、Webサービス企業、広告代理店、デザイン事務所など
  4. Webディレクター
  • Point1

    WebデザイナーやWebプログラマーとして知識と経験を積んでからWebディレクターになる場合もある。HTML、デザインの知識に加えて現場をリードしていく統率力も必要とされる。

  • Point2

    Webとは全く関係ないと思われる企業でも、Webサイト部門でのWebディレクター採用がある場合もある。募集要項などよくチェックしておこう。

「Web」に関する他の職種も
チェックしてみよう!