作業療法士になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

作業療法士

どんな職種?

作業療法士

身体に障がいがある人の社会復帰を支援する仕事

作業療法士は、病気や事故、老化などで身体に障がいがある人の社会復帰をサポートする仕事。大工仕事や、工芸・手芸・玩具操作などの作業を通して、機能回復を目指す。医師の指示の下に、患者に適したプログラムを作成し、治療を進める。作業療法士がサポートする患者は、障がいが治りきらない人もいる。そのため、心理面や精神面での社会復帰のサポートも重要である。活躍する場は、総合病院やリハビリテーション施設、老人や障がい者向けの福祉施設などが多い。

こんな人におすすめ!

患者に適した個別のプログラム作成を工夫できる人

リハビリテーションは家事、趣味の活動、運動など、さまざまな内容を取り入れて行うため、特定の分野に精通していることよりも、多くのことに幅広く関心を持っていることが重要。細部にこだわり過ぎず、広い視野で考えることができる人は、作業療法士に向いているといえる。理論と知識を蓄えておくことも重要だが、新しい発想や自由な発想が大切になる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

作業療法士を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:医療技術学、リハビリテーション・作業療法・理学療法など
  3. 国家資格:作業療法士
  4. 採用試験就職先:病院、リハビリテーション施設、介護老人保健施設など
  5. 作業療法士
  • Point1

    「作業療法士」の国家資格を取得するには、国が認める養成施設(4年制大学、3年制短期大学・専門学校)で学んで国家試験を受験する。夜間部を設けている学校もある。

  • Point2

    作業療法士は、解剖学や整形外科学などの医学的な知識が必要。また、精神的なサポートも行うため精神医学まで幅広く学んでいく必要がある。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「心理・リハビリ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!