看護助手になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

看護助手

どんな職種?

病院内の書類受け渡し、整理など医師や看護師の仕事を補助

病院などの医療機関で、医療行為に該当しない補助的な業務を行う仕事。資格を必要とせず、仕事は看護師長などからの指示を受けて行う。具体的には、メッセンジャーと呼ばれる病棟間の書類受け渡し、カルテなどの書類整理、入院患者の身の回りの世話、ベッドメイキングなど環境を整える業務などを担当する。配属先はさまざまで、外来、入院病棟、訪問看護ステーションなどで、有資格者である看護師の補助にあたる。入院病棟では食事や排せつの介助など、患者に直接関わる仕事も行う。

こんな人におすすめ!

注意力と責任感を持って献身的にサポートできる人

患者の変化を見逃さない鋭い観察力が必要だ。また、患者と直接関わる機会も多く、院内で他職種の人との関わりも多いため、コミュニケーション能力が求められる。看護師の指示のもとで動くにあたり相手の話をよく聞き、指示されたことを確実に遂行できる注意力と責任感も重要だ。チームの中で働く協調性も必須である。

この職種の収入は?

平均月収20.68万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)企業規模計(10人以上) 参照]

看護助手を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:看護学、介護学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:総合病院、クリニック、介護施設など
  4. 看護助手
  • Point1

    看護助手実務能力検定試験、メディカルケアワーカー、ホームヘルパーなどの資格を取得すると就職に有利になる場合もある。

  • Point2

    医療従事者の一員となるため、医療専門用語や看護用語などを勉強しておくと現場での指示が頭に入りやすい。

「医療サポート」に関する他の職種も
チェックしてみよう!