航空管制技術官になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

航空管制技術官

どんな職種?

管制室や無線室の運用確認から整備まで空の安全を地上から守るエンジニア

飛行機が安全に離発着を行うためには、空や地上の状態を正しく伝達する管制室や無線施設の機能が重要。航空管制技術官は、管制室や無線室に存在する、無線の「通信システム」や電波によって飛行機の安全な着陸を誘導する「航法システム」、飛行機の位置を特定するための「監視システム」など、さまざまなシステムや機器の管理を行う技術者だ。音声データや電波、レーダー画像などを扱うため、幅広く、また専門的な知識が必要とされる。空港の管制室や無線室だけでなく、航空保安局や大学などにも活躍の場がある。

こんな人におすすめ!

安全に飛行機を管理するために幅広く専門的な知識と責任感が必要

各種システムの企画や運用、整備など、業務は専門的で多岐にわたる。既存のシステムの管理や整備だけでなく、新規システムの企画や開発なども行う。日々の仕事の中で生じる、小さな見落としや失敗が大きな事故につながる可能性もある。そのため、責任感のある人物や仕事をきちょうめんに、また正確に行う人物が求められる。主に空港が勤務先であるため、航空業界の仕事に就きたい人に向いている仕事。

航空管制技術官を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:航空・船舶・自動車工学、船員・パイロット養成、宇宙・地球学など
  3. 国家資格:陸上無線技術士・総合無線通信士
  4. 採用試験就職先:国土交通省、空港
  5. 航空管制技術官
  • Point1

    国家資格である「第1級・第2級陸上無線技術士」もしくは「第1級総合無線通信士」の取得が必須。

  • Point2

    正式に航空管制技術官として採用されるためには、国土交通省の研修修了後、航空管制技術官試験に合格する必要がある。

「航空」に関する他の職種も
チェックしてみよう!