助産師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

助産師

どんな職種?

助産師

妊娠中から出産後まで、妊婦の健康と育児をサポート

助産師は、妊娠から出産後まで母子の身体と心のケアをする仕事。無事にお産を迎えるまで、妊婦の良き相談役となったり、出産後の育児指導、保健指導を行ったりする。なお、正常なお産であれば、助産師が単独で出産介助可能。近年の少子化、核家族化により、出産や育児を迎える女性の不安や悩みを共有し、サポートしてくれる助産師の存在がますます重要になっている。また、自宅出産や水中出産など、妊婦が求める出産スタイルも多様化し、助産師の活躍が期待される。

こんな人におすすめ!

尊い命を預かる責任感と、妊婦をケアする包容力

赤ちゃんが好きなことはもちろん、尊い命を預かるという責任感の強さと誠実さが助産師の仕事には欠かせない。そして、妊娠中の女性の心を理解し、安心感を与える包容力も求められる。相手を助けることで満足感を得られる人にとっては天職となり得る仕事である。また、赤ちゃんの体調の変化を見逃さない、注意深い観察力も肝心だ。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

助産師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:医学、看護学
  3. 国家資格:助産師、看護師
  4. 採用試験就職先:助産所、病院、診療所、個人の助産師など
  5. 助産師
  • Point1

    「助産師」になるには、看護師免許を持っていることが必須。その上で人の身体に関する知識をしっかりと身に付け、女性の一生をサポートできる幅広い視野を持つことが必要である。

  • Point2

    「助産師」になるための国家試験の受験に年齢制限はない。助産師になる前に、まず看護師として医療の現場で十分な経験を積むという選択肢もある。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「医療治療」に関する他の職種も
チェックしてみよう!