企画業務になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「ビジネス・経営」に戻る

企画業務

どんな職種?

企画業務

さまざまなアイデアを集約し、売上高アップにつながる企画をつくる

企画業務は、商品企画や販売企画・営業企画・イベント企画など、所属する会社によって異なり、多岐にわたる仕事だ。市場の動向を把握したり、最新のトレンドを勉強したり、営業データなどを見たりしながら、さまざまな情報を吸収して企画のアイデアを出す。何度も熟考を重ねながら、企画書にまとめて社内の企画会議やクライアントへの提案会議などでプレゼンテーションを行う。採用された企画を実際にカタチにするために、各部署と連携を取りながら業務を進行していく。

こんな人におすすめ!

柔軟な発想ができて、最新トレンドに敏感な人

新しい企画を考えるためには、柔軟な発想力と、論理的な思考力が必要になる。また、世の中ではやっているものが、今なぜはやっているのか・売れているのかなどを考えることが好きで、最新のトレンドについて敏感な人にも向いている。さらに、自分が考えた企画について、いかに優れた企画であるのかを、各部署の担当者やクライアントに分かってもらうためのプレゼンテーション能力も必要だ。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

企画業務を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:経済学、経営学、商学など
  3. 採用試験就職先:一般企業、イベント会社、広告代理店など
  4. 企画業務
  • Point1

    新聞を読んだり、ニュースを見たり、世の中でタイムリーに起きていることを知ることが大切。また、雑誌などで流行商品について情報収集するのもよいだろう。

  • Point2

    商品企画などで活用できる日本商品開発士会の「商品プランナー」や、イベントで活用できる一般社団法人日本イベント産業振興協会の「イベント業務管理士」などの資格もあり、今から勉強を始めるとよい。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「ビジネス・経営」に関する他の職種も
チェックしてみよう!