フィットネスインストラクターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「健康・スポーツ」に戻る

フィットネスインストラクター

どんな職種?

プログラムを作成・実践する体力づくりの指導者

利用者の健康増進・体力づくりの指導やサポートを行う仕事。また、相手の体調や特性に合わせたプログラムを作成する。フィットネスクラブやスポーツジムはもちろん、福祉施設など一つの職場を選んで就職する以外に、フリーランサーの立場で活動する仕事のやり方もある。利用者はスポーツ選手だけでなく、年齢・ニーズともに幅広いため、エアロビクスやストレッチなど多岐にわたる専門知識や技術を身に付けていることが必須。上手に指導内容を伝えるコミュニケーション能力も求められる。

こんな人におすすめ!

利用者の立場に立ち、指導できる力が必要

トレーニングに関することはもちろん、身体のことや健康についての医学的な知識も必要な職種だ。また、利用者とのコミュニケーションを上手く取れる人、利用者の立場になって気持ちを考えることができる人にも向いている。

フィットネスインストラクターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、医学、健康科学、体育学、スポーツ学など
  3. 採用試験就職先:フィットネスクラブ、スポーツ施設など
  4. フィットネスインストラクター
  • Point1

    身体や運動について深い知識を身に付けるために、体育・健康科学系の学部・学科の大学や専門学校において、スポーツ運動学や運動生理学などを学ぶのが望ましい。

  • Point2

    フィットネスに関する専門の知識を身に付けたのち、フィットネスクラブやスポーツ施設でインストラクターとなるのが一般的。

「健康・スポーツ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!