ダンスインストラクターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

ダンスインストラクター

どんな職種?

自身のスキルも磨きながら楽しさやテクニックを伝える

スポーツジムやスクールで、ダンスの技術を教える仕事。発表会の際は振り付けや衣装も考える。社交ダンスからバレエまで、ジャンルや対象者の年齢や目的(趣味、リハビリ、プロ育成)により、指導者に要求される知識や資格は異なる。ただし、実際は現役のダンサーとして活動中の場合も多く、指導者としての資格の有無よりコンテスト入賞歴やメディア出演歴を頼りに生徒が集まることも。小・中・高校でダンスが選択科目化したことから「ストリートダンス指導者資格」や「ダンスインストラクター認定プログラム」も創設された。

こんな人におすすめ!

あらゆるダンスの知識が豊富で、人の得手不得手に気付き丁寧に指導できる人

ジャズダンス、ストリートダンス、バレエ、社交ダンスなど多くのダンススタイルがあるため、複数の知識や実技を身に付けていると活躍の場が広がる。また、生徒のモチベーションを上げるために、得意・不得意を把握した上での的確な指導力が求められる。人をよく見る観察力があり、才能を伸ばしていける人におすすめの仕事だ。

ダンスインストラクターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:体育学、スポーツ学、舞台・演劇・舞踊学など
  3. 採用試験就職先:フィットネスクラブ、ダンス教室、スポーツジムなど
  4. ダンスインストラクター
  • Point1

    社交ダンスのようにインストラクターに資格の取得を義務付けるケースもあるが、大半のダンスの場合、指導者資格は必須ではない。

  • Point2

    ダンサーとしての実績がインストラクターとしての評価に結びつきやすいため、各種コンテストや大会で実績を積み、高い評価を得ることが重要だ。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!