児童英語教師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「教育」に戻る

児童英語教師

どんな職種?

子どもに英語を教えながらともに成長していく仕事

小学校、幼稚園、民間の英語スクールなどで子どもに英語を教える仕事。自宅で教室を開業する人も多く、働くスタイルはいろいろ。英語力だけでなく、英語教育や児童教育の専門知識、指導方法など教育についての幅広い知識やスキルが必要なので、民間で英語教師を養成する専門学校もある。指導者を求める小学校と英語の指導者を結び付けることを目的としたNPO法人では、小学校教員免許を持っていない人が英語教育をする上での必要な知識とスキルがあることを証明する「小学校英語指導者」資格を設けている。

こんな人におすすめ!

英語のスキルはもちろん、子どもとのコミュニケーション能力や楽しく教える技術も必要

児童英語教師に必要とされる要素は、子どもの目線、子どもの英語のレベルに合わせて教えることだ。そのためには人に指導ができる高い英語スキルが必要となる。子どもに分かりやすく教えるために、絵や歌やゲームなどを取り入れて楽しく教えるアイデアも求められる職種だ。

児童英語教師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:外国文学、語学(外国語)、言語学、児童学、保育・幼児教育など
  3. 採用試験就職先:英会話スクール、小学校、幼稚園など
  4. 児童英語教師
  • Point1

    英語関係の資格を取得していると採用に有利になる。小学校や幼稚園で教える場合は、基本的に教員免許、保育士免許が必要である。

  • Point2

    スキルを身に付けるために海外留学を経験しておくのも一つの方法。

「教諭」に関する他の職種も
チェックしてみよう!