ガーデンデザイナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

ガーデンデザイナー

どんな職種?

住宅や公園などの庭空間を環境緑化の視点から設計デザイン

生活や都市に、豊かな潤いをもたらす庭。この庭空間を設計・デザインするのがガーデンデザイナー。個人住宅の庭や、公共施設の公園・緑地、植物園などを対象に、美しい景観を創造する。扱う庭空間にもよるが、一般的には営業、ヒアリング、調査、デザイン提案、見積もり、施工、メンテナンスの流れで取り組む。植物の種類、性質、肥料、土壌などに関する知識と、図面設計、デザイン力は必須。主に造園会社に勤務する。国家資格の「造園施工管理技士」を取得しておけば、活躍の場はより広がる。

こんな人におすすめ!

園芸に関する複合的な知識とニーズを形にするデザイン力が必須

植物や花、庭が好きなことはもちろん、設計技術やデザイン力、提案力も必要だ。環境意識が高まっているので、需要が高い職業である。

ガーデンデザイナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:農芸化学、地理学、生物学など
  3. 採用試験就職先:造園会社、建築デザイン会社、設計会社など
  4. ガーデンデザイナー
  • Point1

    「造園施工管理技士」資格があると能力の証明になる。1級と2級があり、2級は指定学科の大学を卒業後、1年以上の実務経験を経て受験することができる。

  • Point2

    造園会社などに就職し、実務経験を積んで資格に合格すれば、ガーデンデザイナーとして活躍できる。

「植物・フラワー」に関する他の職種も
チェックしてみよう!