そのほかの環境・自然・バイオ系の職業になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「環境・自然・バイオ」に戻る

そのほかの環境・自然・バイオ系の職業

どんな職種?

環境問題への意識が高まる中、より細分化されていく仕事

環境系では「公害防止管理者」「有害液体汚染防止管理者」「廃棄物処理施設技術者」など、同じ公害に関わる仕事でも、広い範囲を受け持つものもあれば、より狭い範囲での専門性を求められるものもある。また、同じ環境保護でも直接的な防止の観点から取り組む仕事だけでなく、「アウトドアインストラクター」のようにレジャーを通して自然と触れ合う機会を創出することで、環境保護の視点を人々に持ってもらうよう指導する仕事も数々ある。今後も広がりを見せる分野といえるだろう。

こんな人におすすめ!

雄大な自然の魅力を伝える向上心と深い知識が必要

環境系では生態調査などが主な役割となるが、調査現場では専門分野のみならず横断的な知識が求められる。バイオ系では養殖技術の開発など長い年月の研究になるので物事を深く追求できる姿勢が求められる。一方、自然の中で活動するインストラクターなどは知識のほかに自然の中でリーダーシップを発揮できる姿勢が求められている。

そのほかの環境・自然・バイオ系の職業を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学、短大、専門学校必要な学び:環境学、環境工学、環境情報学、エネルギー・資源工学、原子力工学、鉱山学、農学、農業工学、農業経済学、林学・林産学、農芸化学など
  3. 採用試験就職先:林間学校などの教育施設、アウトドア専門企業、個人事業など
  4. そのほかの環境・自然・バイオ系の職業
  • Point1

    インストラクターの場合、レジャーの知識、アウトドアスポーツ指導の知識を身に付けておくことが望ましい。各種認定資格を取得しておくと就職の際に有利だ。

  • Point2

    環境・バイオ系は民間のコンサルタント会社やエネルギー関連の会社、または国の調査機関や研究所などがある。自然の中で働く場合は、教育施設やアウトドアを企画する企業など。