インテリアスタイリストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「建築・土木・インテリア」に戻る

インテリアスタイリスト

どんな職種?

雑誌やテレビの撮影現場をデザインするスタイリスト

インテリアスタイリストは、テレビのスタジオセットや雑誌の撮影現場などや、商業施設のディスプレーなどのデザインやスタイリングが主な仕事。依頼されているテーマやイメージに合わせてインテリアを選び、空間をデザイン・スタイリングすることを仕事としており、実際に人が住む居住空間のスタイリングは行わない。インテリアスタイリストに必須の資格はないが、「インテリアコーディネーター」のほか、設計図を描くCADや、カラーコーディネートの知識があると活躍の場も広がるだろう。

こんな人におすすめ!

空間に対する発想力やイメージを具現化する能力

インテリアの知識はもちろん、色彩感覚や美的センスに優れている人におすすめだ。仕事内容は空間のスタイリングのみならず、空間イメージに必要なCADの技術、照明プランのほか、作業のスケジュール管理などの事務作業も必要であり、空間づくりにおける幅広い知識と正確性が求められる。また自分のイメージを具現化し的確に依頼主に伝えるための表現力も必要だ。

インテリアスタイリストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、心理学、建築学・意匠、インテリア、工芸学、住居学、デザインなど
  3. 採用試験就職先:住宅メーカー、住宅関連企業、インテリアショップなど
  4. インテリアスタイリスト
  • Point1

    日々インテリアのトレンドを知るためアンテナを張っておくことが必要。「インテリアコーディネーター」「カラーコーディネーター」の資格があると就職の際に有利である。

  • Point2

    第一線で活躍するインテリアスタイリストのアシスタントや、学業と並行してインテリア関連企業でアルバイト経験を積む人もいる。

「インテリア」に関する他の職種も
チェックしてみよう!