自動車車体整備士になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

自動車車体整備士

どんな職種?

車枠と車体を復元する専門的な自動車整備士

自動車の車枠と車体の点検や調整整備をする仕事。車枠と車体に特化した専門的な自動車整備士だ。事故などで損傷した車体をコンピュータで計測して、新車同様に復元。状態によっては車体を分解したり部品を交換したりすることもある。また、見た目だけでなく安全性能も回復させる。車体の安全は、そのまま人命の安全であり、重要な仕事といえる。自動車車体整備士になるには、国土交通省が付与する「自動車車体整備士」の資格が必要。資格を取得するには、自動車の装置整備作業の実務経験が2年以上なければならない。

こんな人におすすめ!

外見だけでなく機能性や安全性を重視して車体を整備する力

点検から分解、修理や組み立てなど、自動車の車体に関する幅広い知識が求められる。ただ単純に形を復元するのではなく、修理後も安全に機能するかどうか機能性、および安全性の確認も必要だ。そのため、外見的な整備だけでなく機能面も含め全体を俯瞰する力が求められる。

この職種の収入は?

平均月収23.75万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)自動車整備工 参照]

自動車車体整備士を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:金属工学、機械工学、電気工学など
  3. 国家資格:自動車車体整備士
  4. 採用試験就職先:自動車整備工場、カーショップなど
  5. 自動車車体整備士
  • Point1

    自動車車体整備士になるには、国家資格である「自動車車体整備士」の取得が必須となる。

  • Point2

    自動車車体整備士の免許取得には、2年以上自動車の装置設備作業の実務経験が必要である。

「自動車・二輪自動車」に関する他の職種も
チェックしてみよう!