ゲームプロデューサーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

ゲームプロデューサー

どんな職種?

制作とマーケティングを理解したゲーム開発の総責任者

ゲームを開発するにあたり、予算やスケジュールを管理し、プロジェクトチームを統括する仕事。企画立案から携わり、顧客や外部スタッフとの交渉も行う。プログラミングやデザインなどゲームの制作に関する知識が必要で、売れるゲームを生み出すためには消費動向や市場のニーズを常に把握していなければならない。ゲーム開発に関する経験とリーダーシップが問われる仕事であるため、制作の現場で実務を積んでからステップアップするケースが一般的である。

こんな人におすすめ!

面白くて売れるゲームを企画するため、市場調査とニーズの把握が必須

ゲーム開発に関するデザインやプログラミングに関する知識が必要とされる。さらに時代に即したゲームを企画するため、ユーザーの動向やニーズを敏感に感じ取り、また把握する必要がある。ゲーム開発において外部に開発元がある場合には、社外連携も必要になるため、企画の意図を伝える力も求められる。チームが一丸となって開発に取り組めるよう、リーダーシップがあると望ましい。

この職種の収入は?

平均年収692.5万円 [デジタルコンテンツ制作の先端技術応用に関する調査研究 報告書(財団法人 デジタルコンテンツ協会)家庭用ゲーム産業に関わる開発者 参照]

ゲームプロデューサーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、情報学、通信工学、デザイン、映像、写真、メディア学など
  3. 採用試験就職先:ゲーム会社、おもちゃ会社など
  4. ゲームプロデューサー
  • Point1

    就職後、まずはクリエーターとして制作の現場で経験を積んだ後、ゲームプロデューサーを目指すのが一般的。

  • Point2

    希望すれば誰でも受験が可能な「FE」と呼ばれる「基本情報技術者試験」に合格しておくことで、ゲーム開発に必要な基本のIT技能を習得していることを示すことができる。

「ゲーム」に関する他の職種も
チェックしてみよう!