Webクリエーターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

Webクリエーター

どんな職種?

目的とコンセプトに沿ってWebサイトを形にしていく

Webページのデザインとコーディングの双方を一人で担当する仕事。コンセプトに沿ったデザインを構築。プログラミング言語によってそのデザインを実現するのがコーディングという。クライアントの要望をより高度なレベルで実現するために、画像やアイコンを効果的に配置するなどし、使いやすさや見やすさにも配慮しなくてはならない。そのため、発想力・思考力に加え、斬新なものを生み出し続けようとするバイタリティーも必須。経験と実績を積み、独立する人も多くいる。

こんな人におすすめ!

依頼主が求めているサイトを構築できるプログラミング能力

プログラミング言語を活用して、Webサイトを構築できるスキルが求められる。依頼主の要望をくみ取る力や、要望を叶えるための提案力も重要だ。Web制作に関わるツールや情報は短いスパンで更新されるため、新しい情報やツールなどを常に取り入れて、学ぶ意欲がある人に向いている。

Webクリエーターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、情報学、通信工学、デザイン、映像、写真、メディア学など
  3. 採用試験就職先:Web制作会社、広告代理店など
  4. Webクリエーター
  • Point1

    Webクリエイター能力認定試験は、持っていると有利な資格だ。「スタンダード」と「エキスパート」があるため、経験やスキルに応じて取得するといいだろう。

  • Point2

    国家資格である「ウェブデザイン技能検定」を取得することで、プログラミング力だけでなく、デザイン能力もあることを証明することができる。

「Web」に関する他の職種も
チェックしてみよう!