ディスパッチャーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

ディスパッチャー

どんな職種?

航空機の最善な飛行ルートを作成する地上のパイロット

航空機の運航において重要な役割を担うことから、地上のパイロットと呼ばれるディスパッチャー。空路をはじめ、離着陸空港の気象状況、乗客や荷物の重量、非常時の進路変更による代替空港の選定など、あらゆる情報を収集・分析し、目的地までの最も安全で効率のよい飛行プランの作成をする。さらに離陸後も航空機が安全に運行できているか、無線で確認、管理をしている。ディスパッチャーになるには2年以上の運航関係業務を経た後に、国家資格である「運航管理者」と「航空無線通信士」の資格が必須になる。

こんな人におすすめ!

情報収集能力、分析能力、判断力に加え強い責任感が必須

「地上のパイロット」とも呼ばれる職種であるため、気象状況や機体の状態、周囲のフライトの状況など、さまざまな情報を取り扱う。安全にかつ効率よくフライトプランを作成するために、収集能力や分析能力、的確で冷静な判断力が求められる。学び続ける向上心があり、空の安全を自ら作成したフライトプランでサポートしたい人におすすめだ。

ディスパッチャーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:航空・船舶・自動車工学、語学(外国語)、応用物理学、コミュニケーション学、心理学、通信工学など
  3. 国家資格:航空無線通信士、運航管理者技能検定
  4. 採用試験就職先:空港、航空会社、航空関係会社など
  5. ディスパッチャー
  • Point1

    航空会社へ就職し2年以上の実務経験を経た後、運航管理者技能検定を取得する必要がある。

  • Point2

    ディスパッチャーとして働くためには「航空無線通信士」の資格取得と「運行管理者技能検定」に合格することが必須である。

「航空」に関する他の職種も
チェックしてみよう!