ヘリパイロットになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

ヘリパイロット

どんな職種?

取材や災害救援活動にも活躍するヘリコプターの操縦士

事件・事故、災害現場などの上空で見かけるヘリコプター(ヘリ)。遊覧などの行楽や農薬散布にも使われるが、狭い場所や山林といった複雑な地形にも向かえることで、救助・救援活動でも活躍している。ヘリパイロットには国家資格が必要で、自家用(趣味活用)、事業用(仕事活用)で試験が分かれており、仕事としてのパイロットを目指す人は事業用の資格である「回転翼事業用操縦士」の免許が必須になる。さらに自家用、事業用ともに「航空特殊無線技士」「航空無線通信士」のいずれかの資格取得も義務付けられている。

こんな人におすすめ!

多様な情報を瞬時に収集・分析する能力と健康な体を維持する自己管理能力が求められる

天候や機体の状態など、さまざまな情報を瞬時に収集・分析する能力が必要。複数の事を同時進行で進めていける人に向いている。また、フライトに関わる多くの人とコミュニケーションを取りながら仕事をするため、協調性も必要不可欠である。定期的に身体検査が行われるため、健康な体を維持できる自己管理能力も大切だ。

ヘリパイロットを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:航空・船舶・自動車工学、語学(外国語)、応用物理学、コミュニケーション学、心理学、通信工学など
  3. 国家資格:事業用操縦士免許、無線従事者、自家用操縦士
  4. 採用試験就職先:海上保安庁、ドクターヘリ、新聞社など
  5. ヘリパイロット
  • Point1

    英語を勉強していた方が専門用語が理解しやすい。事業用操縦士免許の資格受験には飛行経験が必須なので、専門的に学べる学校に入学した方が有利。

  • Point2

    自家用操縦士の資格を取得後、仕事として操縦するためには事業用操縦士の資格も必要である。

「航空」に関する他の職種も
チェックしてみよう!