自動車セールスエンジニアになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

自動車セールスエンジニア

どんな職種?

自動車に関する情報を提供し製品の販売を促進

自動車に関する知識と技術を持ち、顧客に製品の情報を提供して販売を促進する仕事。自動車の性能に加え、保険や車検、メンテナンスについてのアドバイスも行う。自動車という高額な商品を販売するには顧客から信頼を得ることが重要であるため、高いコミュニケーション能力が問われる。就職先は、自動車メーカーや、自動車メーカーと直接契約を結んだディーラーが一般的。入社後、販売知識や商品情報などに関する研修が行われる場合が多いが、自動車に関する一般知識を持っていたほうがよいだろう。

こんな人におすすめ!

自動車の性能や知識を顧客目線で伝えるコミュニケーション能力が重要

自動車の販売だけでなく、保険やその後のアフターメンテナンスの案内など、カーライフ全般を一挙に請け負う窓口となるので、長期的に顧客対応をしていくコミュニケーション能力と責任感が重要。多角的に自動車のケアをするため、車にまつわる税金や車検などの知識を積極的に習得する向上心も求められる。

自動車セールスエンジニアを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、ビジネス学、機械工学、航空・船舶・自動車工学など
  3. 採用試験就職先:中古車販売店、メーカー直営自動車販売店など
  4. 自動車セールスエンジニア
  • Point1

    自動車や保険に関する知識は入社後、研修で学べるのでとくに必要な資格などはないが、PCを使って見積もり作成なども行うのである程度PCスキルがある方が好ましい。

  • Point2

    大手ディーラーなら大卒以上の採用が多くあるが、専門学校卒や高卒を採用している企業もある。

「自動車・二輪自動車」に関する他の職種も
チェックしてみよう!