パークレンジャーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「環境・自然・バイオ」に戻る

パークレンジャー

どんな職種?

パークレンジャー

国立公園のパトロールや調査など自然の保護管理を行う仕事

全国の国立公園を保護するためにパトロール・調査などを行う仕事。環境省が全国に設置する自然環境事務所・自然保護官事務所などに勤務する国家公務員で、「自然保護官」とも呼ばれる。登山者が安全に山を楽しむための登山情報を発信したり、調査のために生息する動物に標識を付けたりするのもパークレンジャーの仕事だ。国立公園の管理業務のほかに、動植物の保護、里山の保全、開発行為の許認可審査、ビジターセンターやトイレの整備、美化清掃・環境再生・環境教育の推進など幅広い業務を行う。

こんな人におすすめ!

自然や野生動物への理解と維持や管理に対する計画性と実行力が重要

自然や動植物など管理・保護するものも多く、広い範囲が対象となるので、事前の計画性や実行プランなど戦略的な視点を持つことが必要とされる。

パークレンジャーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:考古学、社会学、林学・林産学、生物学など
  3. 採用試験就職先:環境省、林野庁、国立公園など
  4. パークレンジャー
  • Point1

    パークレンジャーは環境省に属する国家公務員なので、まずは国家公務員の試験に合格することが必要だ。林野庁から出向する場合もある。

  • Point2

    公務員試験の総合職試験または専門職試験を受けて合格する必要がある。環境省入省後、パークレンジャーとして任命される。

「環境・自然・バイオ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!