車輌開発エンジニアになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

車輌開発エンジニア

どんな職種?

自動車をはじめとした乗り物のパーツを研究・開発する

自動車、電車、飛行機、バイクなどのパーツを研究・開発する仕事。ボディーの軽量化やエンジンの高出力化、低燃費化などを企画し、改善や新開発を行う。また、単に自動車の性能を上げるだけでなく、安全性や環境への配慮も求められる。必須資格はないが、自動車の設計に関する技術に加え、製図に必要なコンピュータのスキルやCO2排出削減に関する知識も備えておく必要がある。研究・開発はチームで取り組むことがほとんどであるため、協調性やコミュニケーション能力が大切だ。

こんな人におすすめ!

未来をカタチにする想像力とチームワークの姿勢が必要

自動車や電車、飛行機などは、時代が変化していくと共に、性能を上げていく必要があり、想像力を働かせることが大切だ。自動車などを設計する細やかな技術はもちろんのこと、製図も書くため、コンピュータのスキルも必要である。また交通を支える自動車などにとって大切な、安全と環境の知識も身につけなければならない。チームで動くことがほとんどなので、協調性を備えている事も重要。

車輌開発エンジニアを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:金属工学、機械工学、電気工学など
  3. 採用試験就職先:自動車修理工場、自動車メーカーなど
  4. 車輌開発エンジニア
  • Point1

    自動車整備士や車体整備士などの資格を持っておくといい。環境社会検定やビジネス能力検定も取得すると役立つだろう。

  • Point2

    未来の車や車両について企画・設計・開発ができるので、車が好きな人にとっては充実感のある仕事である。

「自動車・二輪自動車」に関する他の職種も
チェックしてみよう!