エンジニアになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

エンジニア

どんな職種?

エンジニア

さまざまな業種で活躍する専門的技術者

エンジニアとは技術者全般を指す言葉であり、主に機械・化学・物理・生命・情報・建築など、工学分野の専門的な技術を持っていることを意味する。世の中にまだ存在しない新技術の開発など、モノづくりの醍醐味はエンジニアの大きな魅力になっている。また、ソフトウェアを代表する目に見えない技術や、製品を正常に動かすための運用・メンテナンスなどの職種も含まれる。とくにITに関わるWebエンジニアやシステムエンジニアのような専門エンジニアは、一般企業にも在籍している。

こんな人におすすめ!

新しい情報に敏感で得られた知識の応用力が高い

日ごろから新しい情報や話題に敏感で、アンテナを張っておく習慣があり、その情報を的確にまとめ、表現したり応用できる人はこの職種に向いている。細かく長時間頭を使う作業が多く、根気の強さも重要。プロジェクトはチームで行われるため、チームワークとリーダーシップ能力も求められる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

エンジニアを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:機械工学、自動車工学、電子工学、情報工学、通信工学など
  3. 採用試験就職先:メーカー、自動車整備工場、IT企業など
  4. エンジニア
  • Point1

    業種によって異なるが、機械や建築などに関わる業種は必要な資格も発生してくる。事前になりたいエンジニアの詳細情報を明確にしておくことが大切。

  • Point2

    これまでは男性の職種というイメージがあったエンジニア。現在も女性のエンジニアは多くはいないが、徐々に進出が待ち望まれている。

「自動車・二輪自動車」に関する他の職種も
チェックしてみよう!