アプリケーションエンジニアになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

アプリケーションエンジニア

どんな職種?

アプリケーションエンジニア

システム開発プロジェクトの計画と実行を行う責任者

システム開発プロジェクトの責任者として、計画と実行を行う仕事。開発チームのプログラマーをとりまとめる役割も担っている。まずは利用者の要望をヒアリングして、分析。システム設計においては、開発チームのプログラマーを指揮してアプリケーションを構築していく。システム開発への高度な知識が求められ、システムエンジニアやプログラマーとしての実務経験を重ねた上で、アプリケーションエンジニアにステップアップすることが多い。

こんな人におすすめ!

コンピュータ分野の知識とリーダーとしての管理能力

正確な分析能力を持ち、プログラミング、ハードウェア、ソフトウェア、データベース、ネットワークなどのシステム開発で必要となる専門知識を豊富に持っている人が適している。開発チームを統括し、スタッフたちと協力して業務を遂行していくリーダーシップとコミュニケーション能力が必要とされる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

アプリケーションエンジニアを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:数学、情報学、情報工学、通信工学など
  3. 採用試験就職先:ソフトウェア開発会社など
  4. アプリケーションエンジニア
  • Point1

    国家資格には「情報処理技術者試験」がある。取得すれば知識や能力の証明となり、信頼や業務の幅の拡大につながるだろう。

  • Point2

    まずはシステムエンジニアやプログラマーの仕事に就くケースが多いので、システム開発に必要な仕事の知識を深めておくとよい。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「コンピュータ・IT」に関する他の職種も
チェックしてみよう!