美術デザイナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

美術デザイナー

どんな職種?

演劇やコンサート、テレビ番組の舞台装置全般のセットをデザイン

芝居の脚本、アーティストや曲のイメージ、歌詞の世界観、イベントなどの演出プランを生かす舞台装置全般(大道具・小道具)を創造する仕事。演劇、舞踏、コンサート、テレビ番組、ミュージックビデオ、スポーツイベントや展示会と、カバーする範囲は広い。デザイン力はもちろん安全性・耐久性、衣装とのバランスや照明効果、予算への配慮が求められる。舞台装飾科やインテリアデザイン科を卒業後、舞台制作会社に就職するケースが多く、特に資格はないが、コンピューターで3D(CADデザイン)図を描けると有利。

こんな人におすすめ!

美的感性を生かし、新しいものを生み出すことができる人に適している

デザインの微妙な違いによって、観客に与える影響も大きく変わるため、細部までこだわりを持てる人におすすめの職種である。目的に対しての適切なアプローチをするセンスや美術的な知識が必要となる。そのため、商品パッケージやポスターなど、日常生活の中にあるものをヒントにし、新しいものを生み出す想像力がある人に向いている。

この職種の収入は?

平均月収32.26万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)デザイナー 参照]

美術デザイナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:デザイン、美術、舞台・演劇・舞踊学など
  3. 採用試験就職先:デザイン会社、舞台制作会社、広告デザイン会社など
  4. 美術デザイナー
  • Point1

    舞台装置やインテリアは、最近ではPCを使ってデザインすることが多いため、デザイン関連のソフトウエアが使用できることが好ましい。

  • Point2

    美術系・デザイン系の大学や専門学校で、美術やデザインに関する勉強をしたのち、デザイン会社に就職。アルバイトとして経験を積み正社員を目指す方法もある。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!