イベントプロデューサーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

イベントプロデューサー

どんな職種?

イベントプロデューサー

イベント全般を統括し、予算から運営まで進行の一切に責任を負う

街中でのサンプル配布から国内外の参加者が集う音楽祭、博覧会、国際会議まで、依頼主の意図や予算、ターゲットに応じたイベント・催事を運営する仕事。会場やブースの決定、設営、広報活動など、イベントが計画通りに進行するよう、多くの業者やスタッフの指揮を執るため、交渉力や統率力、問題解決能力が求められる。制作会社により得意分野が限られる場合もあるが、最初はアシスタントとして実務経験を積み、「スポーツイベント検定」取得や「JEPCイベントプロデューサー」認定によりキャリアアップを図る方法もある。

こんな人におすすめ!

イベントに関わる全てをプロデュースする高い交渉力と統率力が重要

イベントを企画する発想力と、綿密な計画を練り予定通り実施するための、調整力や交渉能力がある人に向いている。時には担当者同士で意見が衝突することもあるので、明確な目標を持ち、多くの人を一つの方向へと導く、統率力のある人材が求められる。

イベントプロデューサーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:総合科学、教養学、経済学、経営学、商学など
  3. 採用試験就職先:広告代理店、イベント制作会社、音楽プロモーション会社など
  4. イベントプロデューサー
  • Point1

    大学・専門学校のイベント学科などを卒業する他にも、イベント・プロモーション関係の社団法人などでセミナー・研修会が開催されているので参加するといい。

  • Point2

    広告代理店・イベント制作会社などに就職し、イベントプロデューサーとなるのが一般的。多くのイベントでは、多数の参加企業の案の中からコンペによって採用されるので、プレゼン能力も必要になってくる。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!