イベントコンパニオンになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

イベントコンパニオン

どんな職種?

企業や団体に代わり商品をPR。華やかだが体力も必要

モーターショーなど各種の展示会やレセプション、キャンペーン会場や量販店店頭で、コスチュームを着て展示品の説明や新商品のサンプル配布、受付などを行う仕事。容姿やプロポーションが注目を集め、被写体になる機会も多いため華やかに見られがちだが、長時間の立ち姿勢と笑顔の接客が基本のため、体力勝負の面もある。また、ほとんどは正社員としての雇用ではなく派遣事務所に登録後、催事ごとのオーディションと研修を経て開催地に赴く短期契約。給与は日給や時給で換算。語学が堪能だと高給になる傾向にある。

こんな人におすすめ!

自分を魅力的に見せることができ、口頭で説明することが得意な人

商品の魅力が伝わるような声のトーンや言葉の言い回しができる人や、質問に答えるために商品の詳細情報を頭に入れることができる人は評価されるだろう。また、来場者に良い印象を持ってもらえるよう、スタイルや身だしなみに気を使うことも重要だ。

イベントコンパニオンを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、教養学など
  3. 採用試験就職先:IT企業、製造業、イベント企画会社など
  4. イベントコンパニオン
  • Point1

    海外の来場者に対応することもあるため、英検、TOEICなど語学に関する資格を取得していると仕事の幅が広がる。

  • Point2

    イベントコンパニオンを派遣する会社の面接を受け、登録する。さらにイベントごとに開催されるオーディションに合格すると、そのイベントのコンパニオンに採用される。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!