コンサートプロデューサーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

コンサートプロデューサー

どんな職種?

コンサートプロデューサー

コンサート開催の総責任者経験・人脈・交渉力がものをいう

コンサートの企画立案、運営、予算管理など全プロセスにおける責任を負う仕事。演者・会場・制作会社の選定・交渉・手配、予算やスケジュールの管理、宣伝やグッズの決定など仕事は多岐にわたり、イベント制作会社などでの現場経験と人脈、交渉力が重要(活動の一部はプロモーターや広告代理店が担当)。アーティストの新曲発売のプロモーションや、メディアを含む企業のPRイベントなど、最初からクライアントがいる場合は工程の一部のみを請け負うが、自主開催ではスポンサー集めから始めることが多い。

こんな人におすすめ!

交渉力・統率力に長けていて、独特の発想力を持つ人が向いている

コンサートプロデューサーは、人々を惹きつけるような、おもしろい企画を考える発想力が求められる。また舞台監督や技術スタッフ、出演者やスポンサーに至るまで、さまざまな関係各所とつながりを持ち、コンサートを円滑に進める必要がある。交渉力や統率力があると望ましい。海外アーティストと仕事をする場合もあるため、語学力も役に立つ。

コンサートプロデューサーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:舞台・演劇・舞踊学、音楽、語学(外国語)など
  3. 採用試験就職先:音楽事務所、音楽制作会社、イベント制作会社など
  4. コンサートプロデューサー
  • Point1

    厚生労働省の国家検定である、舞台機構調整技能士検定1~3級を取得しておくと、音響機器の知識がある証明となり、就職に有利に働く場合がある。

  • Point2

    音楽系の大学や専門学校を卒業後、音楽制作会社などに入社する。また、アルバイトとして経験を積み、その成果が認められてコンサートプロデューサーへの道が開けることもある。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!