舞台衣装になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

舞台衣装

どんな職種?

舞台衣装

演劇からダンス、舞台から映画まで衣装のデザインや制作を担う

ミュージカルや演劇、バレエ、コンサート、映画、イベントなどで、役柄に合わせパフォーマーを引き立てるコスチュームやステージ衣装を作る仕事。主にストーリーや役柄に合わせてデザインするデザイナーと、制作担当(パタンナー・縫製・装飾)に分かれる。公演中には、衣装の管理や修理を担当することもある。また、服飾技術やセンスだけでなく、時代背景や照明下でのカラーコーディネートの知識も必要とされる。多くは劇団や衣装制作会社に所属するが、実務経験を経て独立する人もいる。

こんな人におすすめ!

求められている衣装を適切に理解し、それを形にするデザイン・縫製能力がある人

人の要望や指示をくみ取り、丁寧に形にしていくことができる理解力と手先の器用さを持った人に向いている職業である。魅力的な衣装を作るためには、アイデアをデザインに起こす際に、舞台のコンセプトやストーリーといった必要な情報を正しく理解することが必要である。また、舞台映えを考慮した素材、色、デザインを選択するための色彩効果や照明などの知識も必須だ。

舞台衣装を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:服飾・被服学、美術、音楽、教養学など
  3. 採用試験就職先:衣装会社、アパレル会社、デザイン事務所、芸能プロダクション、フリーランスなど
  4. 舞台衣装
  • Point1

    基本的な縫製の技術は身に付けておく。また縫製のみではなく、舞台演出、芸術、創作など舞台には欠かせない専門分野の基礎知識があれば役立つ。

  • Point2

    衣装会社か下請け業務を行う関係企業に入社し、基礎基本を習得しながら経験を積む方法もある。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!