舞台監督(音楽)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「音楽・イベント」に戻る

舞台監督(音楽)

どんな職種?

コンセプトづくりから撤収までコンサートの全てを仕切る

コンサートなど音楽系の舞台で、音響、照明、セットなどの裏方スタッフの取りまとめや進行管理などを行う仕事。コンサートやツアーのコンセプトメイクの段階から関わるなど、演出家的役割を担うことが多い。舞台監督になるには、舞台監督助手や音響・照明などで経験を積んでから、あるいは舞台制作のアルバイトから始めるなど、さまざまな道があり、資格は特に必要ない。アーティストとの信頼関係があれば、レコーディングスタッフなどステージジャンル以外から転身する人もいる。

こんな人におすすめ!

音楽に関係する知識が多く、関係者をまとめる管理能力にも優れている人

いくつもの仕事を同時進行できる器用さと要領のよさ、管理能力が求められる。また、突然のアクシデントに対応できる冷静さや、機転を利かせる判断力が必要だ。本番前、本番中に起こりうる状況をできる限り想像して、舞台が無事成功するように対策を考えておく用意周到さが評価につながる。よって、技術や音響、特殊効果などの専門知識を頭に入れて準備しておくことが大切だ。

舞台監督(音楽)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:音楽、舞台・演劇・舞踊学、美術など
  3. 採用試験就職先:コンサート制作会社、イベント制作会社、音楽プロダクション、フリーランスなど
  4. 舞台監督(音楽)
  • Point1

    大学や専門学校在学中に、実際のコンサート制作現場を見て、制作の経験を積んでおくと採用の際にアピールできる。

  • Point2

    舞台監督の学科がある大学や専門学校を卒業後、コンサート制作会社に就職するのが一般的。ベテラン監督のもとで下積みを経験しながら、一人前を目指す。

「舞台・イベント」に関する他の職種も
チェックしてみよう!