武蔵大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

武蔵大学

経済学部

変化する社会で真に役立つ、経済の基本と「自ら考える力」を身につける

経済学・経営学・金融論の基本をしっかり学び、理解すること。これらは将来、経済環境が変化し、新しい問題に直面したとき、それを解決するための土台となってくれるでしょう。
さらに大切なのが、「自ら考える力」を身につけることです。「ゼミナール(ゼミ)」での実践的な学びを通して培った思考力や判断力、表現力は、実社会においても生きてきます。学部開設以来の伝統である少人数のゼミは、1年次から4年次まで全員が履修します。所属学科にとらわれずにコースやゼミを選択でき、学びに応じて明確になる関心に十分対応できるカリキュラムを組んでいます。
また、実社会とリンクした学びが盛んなことも特長のひとつです。1年間の研究の成果を発表する「ゼミ大会」では、社会人審査員からの厳しい指摘や高度な質問がさらなる成長の糧となります。ゼミや授業でも、金融機関の方による講義や、企業から提供された課題に取り組む授業などを行っています。

経済学科/経営学科/金融学科

●経済学科
経済学の理論や実証、歴史を学び、私たちが置かれている世界経済を理解するために必要な知識を身につけます。また、国際社会で活躍できる人材の育成を目標とした、英語力の向上や留学をめざすための科目も充実しています。
●経営学科
経営学の理論を体系的に学び、事例研究やビジネス・プランの提案などから、企業経営の実践力を養成します。経営戦略や会計学、マーケティングなど、幅広い分野の学習を通じて、多方面で活躍できる人材を育成します。
●金融学科
金融の仕組み、金利や株価の決定といった金融の基礎から、新しい金融商品をつくり出す金融工学の分野まで幅広く学びます。証券アナリストの資格取得をめざすコースも設置しています。

こんな学問が学べます。
  • 経済学
  • 経営学
  • 商学
  • 金融学
  • ビジネス学
  • 語学(外国語)
  • 国際貿易学
  • 教員養成

人文学部

それぞれの地域の文化と言語を学び、複眼的な視野と世界に羽ばたく力を身につける

英語圏、ヨーロッパ、日本・東アジアの各文化を理解し、対象地域の言語を確実に身につけることを第一の目標とし、言語・文学・歴史・民俗・思想・芸術・社会など幅広い分野の学びを通じて、異文化に対する理解力・共感力・連帯力を培います。こうした異文化との対話を重んじる学びにより、「なぜ、どのように歴史が動き、文化が定着したか」をひとつの物語として総合的に理解することで、現代の文化と社会に対する正しい認識と、課題解決の力を獲得できます。
人文学部ならではのキャリアに結びつく学びとして、教職課程や学芸員課程の履修も推奨しています。外国人に日本語を教える「日本語教員プログラム」もあります。言語や文学、歴史や美術に関する学びは、キャリア形成を助ける免許や資格にも結びついています。

英語英米文化学科/ヨーロッパ文化学科/日本・東アジア文化学科

●英語英米文化学科
少人数学習で実践的な英語力を養います。英米をはじめとする英語圏の文化や歴史を、英語で書かれた教材を用いて専門的かつ横断的に学ぶことで、グローバル社会におけるコミュニケーション力の質を高めます。
●ヨーロッパ文化学科
ヨーロッパの文化と現象を、現代の情勢も踏まえて学びます。ドイツ語あるいはフランス語を第一外国語とし、語学力の向上を図るのはもちろん、文学・歴史・思想・芸術・生活文化など多彩な授業を展開しています。
●日本・東アジア文化学科
語学力と技能の修得に加え、日本や東アジア諸国の文化を複眼的・国際的に学びます。〈ことば・文学・思想〉〈芸術・身体・環境〉〈歴史・民俗・宗教〉の3分野を、方法論と地域研究を組み合わせた講義とゼミで追求します。

こんな学問が学べます。
  • 外国文学
  • 日本文学
  • 哲学
  • 文化人類学
  • 歴史学
  • 語学(外国語)
  • 言語学
  • 教員養成

社会学部

グローバル社会の多様な社会現象や問題に向き合い、実態に切り込む

社会のさまざまな課題に正面から向き合い、問題意識を持って調べ、分析すること。調査結果や自分の見解をメディアを通して発信すること。本学部ではこの2つを軸として、社会学科とメディア社会学科を置いています。
すべてのコースで豊富な科目群のもと学ぶ「社会分析の方法論」は、社会に存在するあらゆるものを分析の対象とし、アンケート調査やフィールドワーク、テレビ番組や雑誌などの内容分析といった多様な調査方法とデータの分析により、社会や人間、集団の姿を浮き彫りにします。
学外で精力的に行うフィールドワークや、映像作品やCM、Webなどのメディアを制作する実習を、社会の実相に肌でふれる大切な学びの機会として重視しています。「武蔵テレビプロジェクト」や(公社)ACジャパン主催の公共広告コンテストへの応募など、学生のメディア制作意欲を応援する「社会実践プロジェクト」も推進しています。

社会学科/メディア社会学科

●社会学科
社会学の理論や調査・分析法を学び、物事を多角的にとらえる視野・思考を育てます。社会の多様な疑問に対して自分なりの考えを論理的にまとめ、人に伝える力を身につけます。
●メディア社会学科
メディアの理論や調査方法を学び、アンケートやインタビューを行って、問題の発見や解決のための調査レポート、ドキュメンタリーなどを制作します。自らコンテンツを制作する体験を通じて、現代社会が抱える問題について考え、メディアを活用した情報発信について学びます。
■グローバル・データサイエンスコース<両学科共通>
新時代の世界共通語である「データ」と「英語」のスキルを磨きます。1年次の集中的な英語の授業と6週間の海外英語研修で語学力を高めながら、高度なデータ分析法を習得。2年次以降は留学や国際ボランティアなど学外での経験を積みます。

こんな学問が学べます。
  • 社会学
  • 地域社会
  • マスコミ学
  • メディア学
  • 語学(外国語)
  • 情報学
  • 教員養成
  • 映像

国際教養学部(仮称)

イノベーションの推進や危機の克服の先頭に立つことのできるグローバルリーダーを養成

2022年4月設置構想中。
●世界で学び、世界を知る教員陣
世界水準の学びを実現するため、海外大学での学位取得者をはじめ、国内外から多様な専門分野に精通した教員が集い、徹底した少人数教育を行います。授業では、ディスカッションやフィールドワークなど、海外の大学同様にインタラクティブで能動的な学び方を重視し、学生の主体的な学習をサポートします。
●英語運用能力の育成
授業は英語で行われる科目を中心に構成されており、実践的で高度な英語運用能力が身につきます。また、それらの履修を可能にするため、各専攻では英語力向上を目的とした集中的なカリキュラムも準備します。
●視野を広げるリベラルアーツ&サイエンス
専攻の枠を超えて履修可能な学部共通科目を開設。さまざまな社会課題に対応するために必要な基本技能・実践力を養う科目や、両専攻が学ぶ意義のある科目が配置されています。多様な科目履修により、世界の文明と社会に関する幅広い知識、深い思考力と判断力、知的創造力、問題発見・課題解決能力が身につきます。

国際教養学科 経済経営学専攻/グローバルスタディーズ専攻(学科・専攻名は仮称)

●経済経営学専攻
入学者全員に、本学の学位「学士(経済経営学)」に加え、日本にいながらロンドン大学の学位「Bachelor of Science in Economics and Management」の取得をめざす「パラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」を提供します。(ただしPDPの履修を続けるには、ロンドン大学の毎年の期末試験に合格する必要があります)
経済学や経営学を体系的に学ぶことができる専門科目と共に、統計や情報処理能力を身につけるための実践的な科目を配置します。
●グローバルスタディーズ専攻
国境や地域を越えた地球規模の課題に取り組むため、Global Relations、Global Communication Studies、Global Cultural Studies という3つの分野を設定し、多様なテーマの科目を配置しています。カリキュラムは英語で行う授業を中心に構成されており、それらと留学だけで卒業することも可能です。

こんな学問が学べます。
  • 比較文化学
  • 経済学
  • 経営学
  • 金融学
  • 語学(外国語)
  • 国際関係学
  • 国際文化学
  • 教養学