東京都市大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

東京都市大学

メディア情報学部 情報システム学科

IT/ICT業界で活躍できる人材を育成する

メディア情報学部では、現代の人間社会や情報通信技術が作り出す新しい情報環境について、正しく理解し、情報技術と人間・社会の共生のために、社会やコミュニケーション、情報システムを調査、分析、評価し、新しい提案や改善ができる人材の育成を目指しています。
このような中、情報システム学科では、ITやICT業界でプロジェクトマネージャとして活躍できる人材を育成するために、安全で安心な情報システムをデザイン・構築する力を養う「システムデザイン」と、情報システム構築技術の理解、そしてビジネスとして成り立たせる総合プロデュース力を培う「ICTアセスメント」の2つの分野を学びます。そして、システム構築側と利用者・運用者側の双方から、情報システムの知識・技術を総合的に修得します。

情報学を学ぶ 情報学・通信

システム構築力を身につける

C言語やJavaなどのプログラミング言語や、Web制作用言語、画像・映像・音いったメディア処理技術など、「システム構築力」を身につけられることが、情報システム学科の特徴の1つとなっています。
その中で、「プログラミング基礎」の授業では、プログラミング言語であるC言語の基礎的な内容を学びます。C言語は、簡潔で学習しやすい構文を持ち、また現代の実用言語の多くにその構文を受け継いでいるため、C言語の学習と通して、情報システムの実現方法を理解するための基礎的な概念を学ぶとともに、様々なプログラミング言語を習得するための基礎を確立します。
様々な制御構造やデータ構造を持つプログラムの動作を理解し、基本的なプログラムを作成出来ることを目指します。

人工知能によるさまざまな問題の解決(大谷研究室「人工知能」)

人工知能(AI)の研究分野の中でも、特に推論や学習など人間の知的活動と同様の処理をコンピュータで実行したり、人間には不可能と思われる膨大な情報処理をコンピュータで効率よく実行したりする方法について研究しています。
大阪大学との共同研究で開発した人工知能(AI)に基づく自動作曲システムを用いて、楽曲を作成。アーティスト「ワライナキ」と一緒に共同募金運動70周年記念応援ソングを完成させるなど、研究が進んでいます。また、ユニットハウスのレンタルを手掛ける企業との共同研究では、人工知能技術の一つ「遺伝的アルゴリズム」を使って過去データから「返却時期の正確な予測」を行う研究に取り組んでいます。
■毎日新聞に「AIが楽曲自動創作 人間の感性を学習」と題して、大谷紀子教授らの研究成果が掲載されました((学)五島育英会へリンクします)
http://www.goto-ikuei.ac.jp/01topics/2016/2016-1109-1312-14.html