玉川大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

玉川大学

リベラルアーツ学部

多様な分野を複合的に学修し、幅広い知識と視野を養う

リベラルアーツ学部では学際的な広い学びを提供しており、社会を生きていくための「基礎的な力」、「人間力・人としての魅力」を身につけることを目標としています。そのために「学びたいこと」だけでなく、「学ばなくてはならない基礎学習」と「今までに学んだことのない他分野」を学べるのがリベラルアーツ教育の魅力です。
学びの特徴として、日本語・英語・ICTのコミュニケーション力を基盤にヒューマン・スタディーズ系、ジャパン・スタディーズ系、グローバル・スタディーズ系、STEMスタディーズ系の4つの領域をバランスよく学び、「哲学・宗教」、「心理学」、「社会学」、「日本語・日本文学」、「日本学」、「国際関係」、「STEM」の7つのメジャーで専門性を深めていきます。また、全学部共通の科目や他学部で開講されている専門科目の履修により、専攻分野を深めることも可能です。こうした多様な分野を複合的な視野から読み解いていくことで、グローバル化が進むこれからの社会で不可欠な幅広い知識と視野を養います。

実践力があり、リーダーシップを発揮できる人材を育成

多くの分野を学んで視野を広げるだけでなく、社会人として実践力、リーダーシップを発揮できる為のカリキュラムを共通科目として用意。
導入期では、各種コミュニケーションスキルの育成に力点を置き、日本語では学修に必要な書く力、表現に必要な話す力を重点的に学び、英語では国際共通語としての英語力を高める全学共通のELFプログラムにより、ツールとしての英語力を養います。また、情報を収集・分析し、整理して発信できるPCスキルや、マルチメディア資料を使ったプレゼンテーションスキルを学びます。さらに、実践的な活動の場として、フィールドリサーチ、インターンシップや海外留学プログラムなど、オフキャンパス・スタディーズという形で学外で学んだ知識とスキルを活かす機会を設け、力を養っていきます。

こんな学問が学べます。
  • 教養学

教育学部

質の高いカリキュラムで教員を養成

教育学部には教育学科と乳幼児発達学科の2学科で構成されております。
教育学科では小学校、幼稚園、中学・高校(社会・地理歴史・公民・保健体育)の教員免許状の取得が可能です。また、「初等教育」「社会科教育」「保健体育」の3専攻を設置し、自分のキャリアに即した学修計画を立てることができます。独自の学修システムにより、社会が求める多様なニーズに的確に対応し、教育現場をはじめとする幅広いヒューマンサービス分野において活躍できる「教育のプロフェッショナル」を育成します。また、教員就職をサポートする教師教育リサーチセンターと連携し、採用試験対策などを全面的にバックアップすることで高い実績を挙げています。

乳幼児発達学科では幼稚園の教員免許状と保育士資格の取得が可能です。少子高齢化など多様化し複雑な社会的ニーズに柔軟に対応することができる「乳幼児教育のプロ」を育成するため、単に知識を学ぶのではなく、実習型の授業やインターンシップなど体験の場を多く設けることで知識と技能の融合を図り、実践力が身につくカリキュラムとなっています。「子どもの豊かな環境をデザインする能力」「乳幼児の心の発達を理解する能力」「子育て支援・家庭を支援する能力」「全人教育に基づく人間力」の4つの力を教育・保育現場で発揮できる教育・保育・保護者支援のスペシャリストの育成をめざします。

「教員養成の玉川」と呼ばれるには、理由がある

「教員養成の玉川」と評価の高い本学は、全国の教育現場で5,000人以上の卒業生が活躍しています。教育理念である「全人教育」のもと、教育者・保育者として必要な専門知識やスキルを学びます。キャンパス内に幼稚部、小学部、中学部、高等部があり、1年次から現場を感じる体験・実習科目を用意していることも特長で、近隣の教育委員会と連携して行う教育インターンシップ、教育ボランティアも積極的に行っております。教育現場で生かすことのできる実践力と人間性・社会性を身につけられる独自のカリキュラムで教育・保育の現場で活躍できる人間性豊かな教育・保育者とともに、現代社会において教育関連分野に貢献できる人材を育成します。

こんな学問が学べます。
  • 教育学

観光学部

観光を通して「グローバル力」を身につける

21世紀の世の中において、観光は多くの国の人々にとってより身近になり、ワールドワイドに展開されるようになりました。多くの日本人が海外へと渡航し、また、たくさんの人が日本を訪れます。彼らに快適で充実した「旅」だけでなく「交流」の機会を提供するのが、観光産業の役割。そのために今求められているのは、語学(英語)力、情報(ICT)力、そして異文化を理解し、もてなすことができる人間力の3つの力です。観光学部ではこの力を育むための充実したプログラムを用意しています。

英語力の養成を中心に据え、これからの観光産業を担う人材を育成

観光ビジネス、地域活性化、国際交流を柱とする3つのキャリアプランをイメージした履修モデルを用意しています。「観光」の幅広い知識の修得と同時に、毎日英語の授業を行う「英語シャワープログラム」や、オーストラリアへの1年間(2年次後期~)の留学を必修として、高い英語力の修得と異文化理解を深めます。「観光学」「英語力」「情報力」を強みに、グローバル時代の観光産業と地域の活性化に貢献できる人材を育成します。

こんな学問が学べます。
  • 地域社会
  • コミュニケーション学
  • ビジネス学
  • 観光学
  • 語学(外国語)
  • 国際関係学