東洋英和女学院大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

東洋英和女学院大学

人間科学部 人間科学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

①人のこころや人間性について深くみつめようとする好奇心をもち、それらをより学問的で実践的な視点から知りたい、経験したいという意欲をもつ。また、人間・社会・教育・宗教のさまざまな問題を客観的に捉えたいとする探究心や幅広い分野に対する興味や関心をもつ。

②自分自身がもつ個性や能力が何かを知りたい、創り上げたいという気持ちをもつと同時に、自分とは異なる立場や文化を背景にもつ多様な立場の人や集団に対してそれを知りたい、共感したいという意欲をもつ。また、自分とは異なる立場の他者と共に、実際に新しい何かを創り上げ継続して関わりたいという協働的活動への志望をもつ。

③人間が生み出す多様な文化や社会の進化を学びたいと考え、それを他者と共有するための科学的な方法論にとりくむ粘り強さを持つ。また、自分自身の個性や能力を活かすことへの興味があり、1つの分野だけではなく、幅広い分野で人とかかわる職業や分野への希望をもつ。

④勉学、部活動、課外活動、ボランティア活動、地域活動等の諸活動のなかで、何か1つでも自分自身が好きだと思えるものと出逢い、経験し、それを他者と共有し表現することができる。

⑤自分の興味や関心の対象となる事柄について、知識や情報を集め、分析し、自らの意見を作り上げていくための基礎的な能力を身につけている。

人間と社会について、様々な角度から考え、提案し、実践する

本学科では、人間科学の基礎となる、心理学・社会学・教育学・宗教学の4つを軸として人間と社会について学びます。人間も社会も、様々な要素がからみあって出来ています。一つの学問に留まらない、学問の壁を越えた学びを目指すカリキュラムで、いろいろな角度から考え、提案し、実践する人間へと成長する道を開きます。3年次から「心理科学専攻」と「教育・人間学専攻」に分かれ、専門領域を追究していきます。

こんな学問が学べます。
  • 宗教学
  • 社会学
  • 人間科学
  • 心理学
  • 教育学
  • 教員養成
こんな職種が目指せます。
  • 臨床心理士
  • 社会福祉主事(ケースワーカー)
  • カウンセラー
  • 中学校教師
  • 高校教師
  • スクールカウンセラー
  • 司書
  • 日本語教師
  • 学芸員

人間科学部 保育子ども学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

①子どもに関わる保育・教育を行う者として、国語、外国語、社会、数学、理科など、少なくとも高等学校で学習する範囲の知識を学び、それらの内容を理解している。

②現代社会の多様な問題、特に子どもと家庭、それを取り巻く地域社会での変化などに深い関心を持ち、多面的な子ども理解や人間理解のために、自ら積極的に他者とのコミュニケーションする力をもつ。

③社会における子どもの存在の価値や意義を肯定的に捉え、子どもの姿に共感し、共に成長するために必要な洞察力と感性を持ち、それを高めていく表現技術の習得の必要性を理解している。

④子どもの権利を保障する専門職である保育者の意義と社会的使命に共感・理解し、自らが社会に貢献する役割を果たす実践を志そうとしている。

総合的な人間力と幅広い視野を持った保育者を目指す

「敬神奉仕」に基づき、幅広い教養と専門的な知識から得た総合的な人間力を併せて学ぶことで、幅広い視野を持った保育の専門家の育成を目指します。資格に必要な科目とは別に、「子どもと国際」「子どもと感性」「子どもと心理」の3つのコースの科目群からひとつ選んで学び、保育に関する知識だけでなく、幅広い知識や視野を兼ね備えた保育者を目指します。また、実習や国内外のフィールドワークを通して実践力を身につけます。

こんな学問が学べます。
  • 教育学
  • 児童学
  • 保育・幼児教育
こんな職種が目指せます。
  • 社会福祉主事(ケースワーカー)
  • 司書
  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • ベビーシッター
  • そのほかの保育・こども系の職業
  • 学芸員

国際社会学部 国際社会学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

①他者を理解し自ら行動することに喜びを感じ、将来は広く社会に貢献する役割を担いたいと考えている。

②現代社会の多様な問題に関心を持ち、自ら調べ、知る努力を惜しまず、継続的に知識を習得していく意欲がある。また、こうした現実の諸問題を発見し理解するため、プロジェクトやフィールドワーク等の現場実習・実践科目に積極的に参加できる。

③政治、経済、文化、地域や国際関係に関わる社会の諸問題のいずれかに関心を持ち、問題の構造と背景について理解を深め、解決方法を見出したいという意欲を有している。

④プレゼンテーションスキルや外国語の運用力など、現代社会を生き抜くうえで必要不可欠となっているコミュニケーション技能や情報発信能力を身に付けたいと考えている。

⑤大学の講義を理解するに足る地理歴史、公民等の社会科学系分野の知識と、専門書を理解し、レポートや小論文を書くのに十分な日本語力ならびに高校卒業レベルの英語力を身に付けている。

「より良い世界」「より良い社会」のあり方を考える

世界の諸問題を解決する能力を育成するために、世界のしくみや政治・経済・社会の諸問題について体系的に学びます。より良い世界や社会のあり方について自ら考える姿勢を身につけ、複雑な社会問題に対して、自分ならどのように解決できるか、どのように貢献できるかを考え、主体的に行動する力を身につけます。また、学科独自のインターンシップや多彩なメディア演習など、アクティブに学ぶ科目が豊富に用意されています。

こんな学問が学べます。
  • 法学
  • 政治学
  • 経済学
  • 社会学
  • 地域社会
  • 観光学
  • マスコミ学
  • メディア学
  • 国際関係学
こんな職種が目指せます。
  • 社会福祉主事(ケースワーカー)
  • 中学校教師
  • 高校教師
  • 司書
  • 日本語教師
  • 国際ボランティア
  • 青年海外協力隊員
  • 学芸員
  • テレビ業界で働く人
  • ラジオ業界で働く人
  • 出版業界で働く人
  • 広告プランナー
  • 広告業界で働く人

国際社会学部 国際コミュニケーション学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

国際コミュニケーション学科は、国際的な舞台において互いの国の社会事情や文化的背景を理解しつつ、円滑にコミュニケーションを図ることができるグローバル人材の育成を教育の目標とする。そのため、海外と日本双方について深く学び、コミュニケーションの道具としての英語その他の外国語の習得に意欲を持った学生を歓迎する。また、日本と国際社会の一員であることを強く意識し、社会のためになる行動を取れる学生を求める。具体的には以下のような興味と資質を有した学生を求める。

①世界のさまざまな国や地域の政治・経済・社会・文化事情等に強い関心を持ち、将来、世界を舞台に活躍したいと考えている。

②日本の政治・経済・社会・文化事情等を他国の人々に紹介し、日本と世界との友好を深めたいと考えている。

③多様な価値観や習慣に強い関心を持ち、誤解や偏見の少ない社会の実現に貢献したいと考えている。

④実践的な外国語スキルを身につけ、国際的な場面で積極的にコミュニケーションを図りたいと考えている。

⑤確固とした倫理観を持ち、他者の幸福にも目を向け、他者のためになる活動にも積極的に参加している。

⑥大学の講義を理解するに足る地理歴史、公民等の社会科系分野の知識と、専門書を理解し、レポートや小論文を書くのに十分な日本語力、ならびに高校卒業レベルの英語力を身につけている。

世界でも日本でもバランスの取れた国際人を目指す

「グローバル・スタディーズ」「異文化理解」「国際日本研究」「英語コミュニケーション」の4つの領域からバランスよく学び、国際人に必要な世界と日本に関する幅広い知識と高度な英語力、ならびに多様な視点や価値観を理解・尊重する力を身につけます。また、学部独自の留学制度では、実際に海外で、外国語を使って異文化間コミュニケーションを取ることにより、世界でも日本でも通用するバランスの取れた国際人をめざします。

こんな学問が学べます。
  • コミュニケーション学
  • 語学(外国語)
  • 言語学
  • 国際関係学
こんな職種が目指せます。
  • 社会福祉主事(ケースワーカー)
  • 中学校教師
  • 高校教師
  • 司書
  • 語学教師
  • 日本語教師
  • そのほかの語学・国際系の職業
  • ツアーコンダクター
  • ツアープランナー
  • ホテルフロント
  • ホテルスタッフ
  • 学芸員