東洋英和女学院大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

東洋英和女学院大学

人間科学部 人間科学科 

”人間”についてさまざまな角度から理解できる”教養”を身につける

人間のこころや行動は、複雑で多様な側面を持っています。そこで、これらをさまざまな角度から総合的に理解するために、1年次に心理学、社会学、教育学、宗教学の4つの基礎を学びます。その他にも、人間を理解するための基礎科目や、調査するためのスキルを身に付ける統計学などを学び、人間を広く深く理解するための基礎を身につけていきます。

3年次になると、こころのスペシャリストを育成する「心理科学専攻」と、生き方や価値観を多面的に学ぶ「教育・人間学専攻」に分かれ、自分の興味ある専門領域を追究していきます。
人間について理解することで、寛容性や共感性を身につけた、自分の意思で行動することができる女性を目指します。

心理学を学ぶ 人間・心理

幅広い視野から心理学を学ぶ

本学科では、「心理科学専攻」と「教育・人間学専攻」のどちらの専攻に進んだ場合でも、心理学を学ぶことが可能です。特に、「心理科学専攻」では、総合的に人間を理解する人間科学の考え方を土台に、自然科学・社会科学や人文科学に渡る広い視野からの心理学による人間理解を目指し、こころのスペシャリストを育成します。

心理科学専攻は、臨床心理学、社会心理学、発達・健康心理学、福祉心理学4つの科目群から構成されています。
【臨床心理学】こころの健康を阻害するメカニズムとカウンセリングなどの回復手段を学びます。
【社会心理学】科学的な観点から、社会の中で生きる人のこころや行動の仕組みを学びます。
【発達・健康心理学】精神活動の発達過程の多角的研究と、心身の健康について学びます。
【福祉心理学】障害者福祉やソーシャルワークなどの福祉分野について、心理学的観点から学びます。

基礎から専門まで段階的に学べるカリキュラムで、社会に出てから役立つ知識の習得から、資格取得、大学院進学など、学生一人ひとりのニーズに合わせた学びを展開しています。

心理学へのはじめの一歩

みなさんは心理学というと、どのようなイメージを持っているでしょうか?
人間のこころを学ぶ学問。こころは目に見えないもの、そんな漠然としたイメージがあるかと思います。
「心理学」は、ある現象に対して、人間のこころがどのように反応したり、人間がどのような行動をするかについて科学的な方法で研究します。研究対象は、人間の脳そのものから、個人的な人間関係や社会的行動まで、幅広い領域を持った学問なのです。
「心理学概論」の授業では、心理学の歴史・方法、感覚・知覚、学習・記憶、意識・思考などの基礎テーマや、性格や対人関係など身近なテーマを学びながら、学問の基礎を修得し、心理学的な人間理解の視点を見つけます。基礎を学ぶことで、より専門的な学びや日常生活に活かせる心理学も修得することができます。さぁ、はじめの一歩を踏み出しましょう。

人間科学部 保育子ども学科

子どものための教育と養護を学び、専門性の高い保育者を目指す

本学の建学の精神「敬神奉仕」に基づき、キリスト教の人間観と子どもの理解にたった保育者養成の伝統を継承しつつ、新たに幅広い分野の学びで得た総合的人間力を備えた保育者を育成します。

1年次には学問の大筋を理解するために人間科学の基礎を身につけながら、保育に関連する基礎科目を修得します。これらを土台に、学科専門科目や演習、実習で専門性を高めていくことで、さまざまな角度から保育についての知識を身につけることができます。
本学科では、卒業と同時に「幼稚園教諭一種免許状」と「保育士」の資格取得が可能です。実習先も多彩に用意されており、1年次から大学付属のかえで幼稚園の見学にはじまり、保育所や福祉施設など4年間で質の高い実習を経験することがでます。
また、4年生が中心となって運営する「プレイデー」(学科の全学生が参加する運動会イベント)を開催し、普段の学びや実習で得た知識やアイディアを活かし、学生たちが学びあう機会にもなっています。

保育・幼児教育を学ぶ 教育・保育

国際、表現、心理 様々な観点からより子どもについて専門的に学ぶ

本学科では、3年次から、保育者になるために必要な学びに加えて、専門性を高めるために3コース制を導入。「子どもと国際」「子どもと感性」「子どもと心理」というゆるやかな3つのコースから、自分が興味ある分野と子どもを結びつけ、各分野の専門性を高めていきます。

【子どもと国際】コミュニケーションに必要な英語を習得し、世界の子どもと福祉について学びます。
【子どもと感性】子どもの感性を活かした表現や学び、子どもを取り巻く文化について学びます。
【子どもと心理】子どもと家族の多様性や心理学を理解し、支援のあり方について学びます。

保育者としての知識やスキルだけでなく、各分野において専門性の高い保育者の育成を目指します。

子どもたちのからだの動きを通して、表現力を高める

私たちの生涯の中で、子ども時代は独創性の高い時期であり、子どもは身の回りの自然や他者と直感的につながり合ったり、思いを外に表したりすることを繰り返しながら、自分と自分を取り巻く世界に対して、深く豊かな意味を形成していきます。
「身体表現の指導法」では、子どもたちの表現行動の中で、子どもたちがからだの動きを通して、自由な創造や表現・交流を進めるために、保育者がどのような指導や環境づくりをすればよいかについて考えます。子どもの身体表現の特性について理解するだけでなく、障がいのある子どもと無い子ども、保護者、地域の人々が一緒に身体表現を行う活動を見学・参加したり、地域社会での交流会を体験しながら、援助、指導について学びを深めていきます。
子どもたちが、生き生きと自己表現でき、他者と照らしあい響きあう表現ができるような指導法を学びながら、私たち自身の感性も磨いていきましょう。

国際社会学部 国際社会学科

国際社会の今を知り、国際社会が抱える課題の解決方法を探究する

本学科では、幅広い教養に基づいて、複雑な国際社会の仕組みを理解し、関係し合う要素や分野を分析することで、貧困や紛争など、国際社会が抱える課題の解決方法を探究していきます。

1年次は基礎や入門科目で学びに必要な力を養い、2年次から各自の関心に沿った分野の授業を履修します。「政治経済」「国際社会」「メディア社会」の3つの科目群に加え、「社会調査」「学科英語」は入門から上級までレベル別に設定され、必要な知識を段階的に深めることが可能です。また、留学、海外研修、インターンシップ、ボランティアなど、実践の場も充実しているため、教室での学びだけでなく、実践を通してより深く学ぶことができます。

国際関係学を学ぶ 国際・国際関係

国際協力のあり方について考える

3つの科目群の1つである「国際社会科目群」。外国の社会や文化の理解を通して、国際協力のあり方について学んでいきます。
そのために、まず、アメリカ・カナダ・ヨーロッパ・アジア・中東・オセアニア・南米・アフリカといった各地域の基礎知識を学びます。その上で、2年次から「国際協力論」「比較文化論」「国際開発論」「文化人類学」「平和学」などで、国際協力の現状や方法について詳しく学んでいきます。また「政治経済科目群」の中にも、国際社会における政治や法律、経済について学ぶ授業もあるので、様々な角度から、国際協力のこれからについて考え、学びを深めることもできます。

これからの国際社会の中で、グローバルな視点を持ち、社会に貢献できる人材を目指します。

実際に国や市民に触れることで、世界市民としてのあり方について考える

本学科では、難民キャンプなどの視察を通してリアルな世界の課題に触れる機会を用意しています。
その中でも「海外研修」では、現地事情に精通した教員と一緒に、貧困、地球温暖化、紛争解決などの課題を抱える国や地域を訪れたり、それらの課題解決のために、最先端の現場で働く人たちと交流することで、自らの役割を自発的に考えていきます。
2016年度は、東ティモール民主共和国を訪問。東ティモールの国づくりにおける、独立運動から現在に至るまでの歴史や過程など、国づくりの現場で国際協力の意味を学ぶ機会となりました。
実際に参加した学生も、東ティモールに行くことで、発展途上国に対する固定概念やイメージが覆されたり、新しい視点が得ることができた、自分を見つめなおす機会となったなど、国際社会の現状を知るだけでなく、自らのあり方についても考えることができる、良い経験となっています。
2017年度は、ニューヨークの国連本部等の訪問を予定しています。

国際社会学部 国際コミュニケーション学科

世界と日本に関する知識と高度な英語力を身につけ、世界の人と共に生きる方法を見つける

本学科では、国際人としての素養となる、世界と日本に関する幅広い知識と高度な英語運用能力を身につけ、多文化社会の中で他者と共生できる力を養うための学びを展開しています。

本学の全学共通科目やフレッシュマンセミナーなどで築いた基礎知識をベースに、「地域研究」「異文化理解」「国際日本研究」「英語コミュニケーション」の4領域の知識を習得し、スキルを磨きます。各科目群には、入門から上級までレベル別に科目を配置しているので、段階的に学んでいくことができます。
また、学科独自の語学留学プログラム「海外実地研修」があり、一定の条件を満たした希望者は、2年次後期に留学が可能です。実体験を通して、異文化理解や地域研究を学ぶことも可能です。

これらの経験を通して、国際感覚と実践的なコミュニケーション能力を備えた国際人を目指しましょう。

語学(外国語)を学ぶ 語学・外国語

英語”を”学ぶだけではなく、英語”で”学べる力をつける

本学科の4領域の1つである「英語コミュニケーション」。世界共通語と言われる英語を理解し、世界の人々と語り合う力、それに伴う英語運用能力を高める授業を用意しています。

本学での英語の学びは、全学部共通で行われる「基礎英語群」の授業から始まります。「読む・書く・聞く・話す」といった4技能をバランスよく学び、「使える英語」を習得。さらに高度な英語力を身につけたい学生は、「Pre-Advanced English」や「Advanced English」を受講することで、英語でのディスカッションや発表、専門分野を学ぶなど、よりアカデミックな英語スキルを磨くこともできます。

さらに本学科では、「Special Topics Japanese Studies」や「Intercultural Communication」など英語で日本文化や異文化コミュニケーションを学ぶ授業もあります。
英語“を”学ぶだけではなく、習得した語学力を活かして、英語“で”学べる力も身につける。様々な角度から学びが深まることで、国際感覚と実践的なコミュニケーション能力を備えた国際人となることを目指します。

留学に必要なスキルを身につける

本学科の特長の1つである、「海外実地研修」。一定の条件を満たしていれば、2年次後期に希望者全員が参加できる語学留学プログラムです。この海外実地研修に行く学生を対象とした授業が、「留学準備講座/Study Abroad Preparation」。留学する前の半年間、留学に必要な知識やスキルを身につけていきます。
また、この授業は、全学科の対象の長期留学プログラムに参加する学生も対象となります。

留学で得られる成果は、事前準備の質と量に比例するといわれています。留学に行くためには、色々なスキルが必要です。そのため、授業では、まず、留学先の国・地域についての基礎的な知識を学習します。そして、日本に関する基本事項の説明、異文化理解のための基礎知識とスキル、健康管理・安全管理ための知識、海外渡航に必要な基礎知識など、実際に留学先で必要になる知識やスキルを学習します。

事前に知識やスキルを身につけることで、留学先でもより充実した時間を過ごすことができるでしょう。