東京環境工科専門学校の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

専修学校(専門学校) / 東京都 認可 / 学校法人 東京環境工科学園

東京環境工科専門学校

自然環境保全学科

好きを学び、知識と技術を身に付け、自然を守るプロになる

自然と野生動物を最前線で守るために、幅広い知識と高度な技術が必要とされます。東京環境工科専門学校では、この知識と技術を身に付けるため、当校独自の講義・実習カリキュラムが組まれています。講義では生きものの基礎知識から、自然の大切さを伝え広める環境教育の知識などを学びます。また実習ではアウトドアテクニックから森林を保全する技術、そして傷ついた野生動物を救う技術まで、多岐にわたる技術を習得します。東京環境工科専門学校では都内のキャンパスでの講義と、国内外での実習を反復的に受けることによって、自然を守るプロを目指します。

国内・海外で開催!総単位数の3割の実習で“自然を守る力”を身に付ける

国内には屋久島をはじめとした3箇所の実習場を構え、さらに視野を広げるべくインドネシア、アルゼンチン、南アフリカでの海外実習も行っています。屋久島実習では動植物のレクチャーから、シュノーケリング技術の習得、さらには自主テーマに沿った自然調査活動まで行います。屋久島の自然を深く知り、そして自分の足で巡ることで、自然の雄大さと人と自然との関わりについて体感しながら学べます。アフリカ実習では傷ついたサイを保護し、自然に返すための野生動物リハビリテーションを実践。そこでしか体感できない自然と触れ合い、その場所場所での自然保護活動に参加することで、世界がぐっと近づき視野が広がります。

こんな職種が目指せます。
  • 野生動物調査員
  • そのほかの動物・植物系の職業
  • インタープリター
  • ネイチャーガイド
  • パークレンジャー
  • そのほかの環境・自然・バイオ系の職業
  • 公務員(一般行政職)
  • 都道府県職員
  • 市町村職員