千葉商科大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

千葉商科大学

自分を生み出すのは、自分だ。

千葉商科大学では、伝統の実学教育を発展させ、教室で得た知識や理論を実社会のさまざまなプロジェクトで試し、多くの気づきや発見を得て成長する学びの繰り返しを実践しています。知識と経験の両輪から深く広く学び、自ら考え、意思決定し、未来を切り拓いていける人材を育成しています。

トピックス

2019.03.01 自然エネルギー100%大学へ

千葉商科大学は地球温暖化対策等の環境保全に貢献するため、日本初の「自然エネルギー100%大学」をめざしています。この「自然エネルギー100%大学」は、大学で使用する量に相当する電力を自然エネルギーにより自ら発電するもので、日本国内の大学で初の試みとして挑戦しています。

2019.03.01 「やってみる、という学び方。」を実践する空間

・「The University HUB」Co-works Lab
授業やゼミにとどまらず、自由に学生、教員に加え企業や地域の方が新しい価値創造のためにグループワークやディスカッションを行う場として活用されています。
・CUC International Square
外国人スタッフが常駐し、キャンパスにいながら日常的に外国語や異文化に親しめる施設です。施設内の公用語は英語。楽しみながら語学が身につくアクティビティやイベントを豊富に用意しています。

2019.03.01 先輩たちの声、続々アップデート。OBOGをご紹介します!

多様な分野で活躍している先輩たち。在学中のゼミの活動、資格取得、就職活動、キャンパスライフなどのストーリーを通してCUCの学びが見えてきます。さらに卒業後に「CUCの実学教育」が仕事に役立っているとわかるシーンも。多くのCUC卒業生から、みなさんのミライを考えてみてください。

2019.03.01 600名のリアルな日常をご紹介!

人気雑誌「Tokyo graffiti」とのコラボレーションサイトでは、千葉商科大学の学生のリアルな日常をお届けしています。
大学生活でやってみたいこと、楽しかったこと、学部生へのインタビューや受験勉強の方法、ファッションスナップなど。
学生たちがどのように学び、考え、生活しているかご覧ください。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2018年3月卒業生実績

(株)東日本銀行 | (株)千葉興業銀行 | (株)北越銀行 | 千葉信用金庫 | 中央労働金庫 | 東京東信用金庫 | (株)群馬銀行 | みずほ証券(株) | 岡三証券(株) | 葛飾区役所 | 八戸市役所 | 警視庁 | 三郷市消防本部 | 千葉県警察本部 | 野田市役所 | 神栖市役所 | 東日本旅客鉄道(株) | 東京地下鉄(株) | 千葉都市モノレール(株) | 京成バス(株) | 日本通運(株) | ヤマト運輸(株) | (株)ヨドバシカメラ | (株)セブン-イレブン・ジャパン | 千葉日産自動車(株) | 千葉トヨタ自動車(株) | イオンリテール(株) | 住友不動産販売(株) | (株)一条工務店 | スターツグループ | 大和ハウスリフォーム(株) | (株)エイブル | 日神不動産(株) | (株)日立ライフ | 大東建託(株) | 積和不動産関東(株) | (株)エイチ・アイ・エス | (株)東横イン | 大江戸温泉物語(株) | 日本ビューホテル(株) | ルートインジャパン(株) | 東武ステーションサービス(株) | 富里市農業協同組合 | 国際自動車(株) | (株)リクルートスタッフィング情報サービス | 全国共済農業協同組合連合会 | 東京スマイル農業協同組合 | 関越ソフトウェア(株) | 富士ソフト(株) | 旭情報サービス(株) …など

就職率98.1%(就職者数893名/就職希望者数910名)
2018年3月卒業生実績

就職支援

◆CUCアライアンス企業
さまざまな業種の優良企業約780社(2018年12月現在)がCUCアライアンス企業として提携しています。学内での説明会や選考会を積極的に行い、学生と企業が相互に理解を深められる仕組みとなっています。

◆就活相談
キャリア支援センターでは常駐のキャリアアドバイザーが、適職相談、求人紹介、面接練習など学生を個別に対応しています。多彩な方面からアドバイスを受けられる体制を整え、一人ひとりの夢に向かって、きめ細かにサポートしています。

各種制度

千葉商科大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

進化している国際化。海外とつながるプログラムを数多く実施。

海外と仕事をするスキルを身につけるために経済発展が続くアジアに焦点を当てて、実学教育の大学として着々と国際化を進めています。その一環として、アジア各地の大学と交流を行うプログラム「アジア学生交流会議(GPAC)」に参加しています。中国、台湾、韓国、ベトナム、イスラエル等の大学との相互協定では2週間の短期留学が可能になるサマープログラムを開講。交換留学では韓国や中国の大学で英語や中国語で授業を受け、単位を取得するカリキュラム制度があります。近年は交換留学先を台湾、ベトナム、インドなど経済成長が見込まれる国へ拡大し、国際的な仕事をめざす学生のニーズに応えていきます。2014年には千葉商科大学及び上海立信会計学院(中国)双方の学位を4年間で取得するダブル・ディグリーのプログラムをスタート。1期生の4名が2018年3月に本学の学位を2018年6月に中国・上海立信会計金融学院の学位を取得しました。今後も千葉商科大学は日本経済の国際化を支えることができる人材の育成に注力していきます。

学生による様々なプロジェクトで成果が生まれています。

子どもたちが労働や消費などの体験をして“街の機能や仕組み”を理解する「キッズビジネスタウン®いちかわ」。学生は子どもたちと接しながらイベント運営を統括することを経験します。仮想都市(キッズビジネスタウン:通称KBT)の市民として「働き・学び・遊び」を経験する子どもたちをサポートすることで、コミュニケーションやマネジメントなど、社会で必要な力を理解し、そのスキルを高めています。
人間社会学部と千葉県山武市が連携してスタートした「さんむ田んぼアートプロジェクト」では、田植えの農業体験や、山武市の畜産物や農産物を使った本学とのコラボレーション商品である肉やソーセージ、ねぎドレッシング、ねぎピクルスやCUCブレンドを販売するなど、食を通じて地域と参加者が触れ合えあうプロジェクトとして取り組んでいます。

資格を武器として社会で役立てたい学生のためのサポ-ト体制

通常の講義+瑞穂会+資格取得対策講座の3段構えで資格取得を支援します。教職課程では商業(高校)・英語(中学・高校)・情報(高校)の一種教諭免許状[国]が取得可能です(商経学部のみ)。また、簿記資格に対応した講義も開講しています。瑞穂会は簿記の勉強会(無料)で、日商簿記検定試験1級合格をめざします。この「瑞穂会」は、2018年11⽉の全国⼤学対抗簿記⼤会において団体戦1級の部で⼤会史上初の7連覇を達成しました。
本学のチ-ムは団体戦では1位、2位、4位、6位に入賞、また団体戦参加者の個⼈成績により順位を決める個⼈戦でも、1位から4位までを独占しました。「診断⼠育成会」は中⼩企業診断⼠1次、2次試験合格をめざす学⽣のための勉強会を実施しており、2018年8⽉に実施された2017年度中⼩企業診断⼠第1次試験では商経学部⽣が⾒事合格しました。資格取得対策講座は夕方からの有料プログラムです。専門学校などに通うことなく、TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST、公務員、情報関連などの各種試験対策講座を学内で受講できます。

可能性を広げる機会が豊富。学生の採用に積極的なアライアンス企業は約780社!

「キャリア教育」、「就職支援プログラム」、「企業との連携」を3つの柱に、1年次からさまざまなキャリア教育・就職支援に取り組んでいます。
本学の学生採用・キャリア教育を積極的に支援している約780社(2018年12月現在)の企業と「CUCアライアンス企業」として連携。アライアンス企業を中心にさまざまな業界業種の学内企業説明会等を実施しています(2017年度は約660社。学生は3,723名が参加)。さらに、U・Iターン就職やグローバルキャリア教育にも力を入れています。

学習に必要なIT環境も充実しています

IT技術の向上と情報収集、発信能力を向上させるために緑豊かなキャンパスに超高速インターネット回線を敷設。どこでも接続可能な無線LAN、学内の各所に自由に使える約600台のオープンPC、さらにはインターネット放送も可能なIT放送スタジオもあり、実際に使えるIT環境を用意しています。

3つの修士課程、1つの博士課程と会計大学院

政策研究科(博士課程)、商学研究科(修士課程)、経済学研究科(修士課程)、政策情報学研究科(修士課程)、会計大学院会計ファイナンス研究科(専門職学位課程)があります。修士課程3研究科合同で中小企業診断士養成コースも設置しています。

学校No.839更新日: 2019.03.15

千葉商科大学ページ上部へ