白鴎大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

白鴎大学

教育学部 発達科学科 スポーツ健康専攻

教育から健康産業まで幅広い分野で、 スポーツの価値を創造する人材を育成する

現代の日本において健康的な社会づくりは重要な課題となっています。スポーツには社会に対する多くの価値が期待され、スポーツの可能性に注目が集まっています。競技スポーツから学校体育、生涯スポーツまで人々がスポーツを行う目的は様々であり、スポーツとの関わり方も多様です。一人ひとりのスポーツとの関わりを直接指導・支援していく人材や、社会に対してスポーツの新しい価値を生みだす仕組みをつくっていく人材など、求められる人材も様々です。白鴎大学 教育学部 発達科学科 スポーツ健康専攻では、「スポーツ・健康科学」を学び、教育から健康産業まで幅広い分野でスポーツの魅力を発信し、スポーツの価値を創造していく人材を育成します。

スポーツ学を学ぶ 体育・健康・スポーツ

学びと実践の両面から人とスポーツの関わりを理解する

4年間で、教育学部としての必須科目のほか、スポーツ科学に関する学びと実践研究を行います。1年次では、まずスポーツの持つ価値を知ることから始め、広くスポーツへの理解を深めます。2年次からは、より専門的に学ぶとともにインターンシップ等で実践経験を積み、スポーツの持つ価値をより深く理解します。授業は、「スポーツ行政論」「スポーツマーケティング」などの【社会科学系】、「救急法」「スポーツ科学実験演習」「スポーツリハビリテーション」などの【自然科学系】、そして「トレーニング論」「スポーツ指導者論」などの【スポーツ指導系】の科目群に分かれており、自身の興味関心にあわせて専門性を高めていくことができます。また、「実践研究科目」の授業では、プロスポーツやスポーツビジネスなどの現場で活躍する方の話を聞けるほか、インターンシップとしてプロスポーツチームやスポーツ施設等での就業実習を体験することができます。このほか、中学校・高等学校の保健体育の教員をめざすための課程も設けており、地域や企業のスポーツ振興に関わる職種のほか、スポーツ指導者、保健体育の教諭など、卒業後はスポーツに関する幅広い進路選択が可能です。

研究と実践の両面から人とスポーツの関わりを学ぶ

スポーツ健康専攻には、多様な専門ゼミナールがあり、関心のあるテーマを専門的に深く研究することができます。「体育・スポーツ経営学」の研究を行う藤井和彦ゼミでは、人とスポーツの関わりについて調査研究と実践活動の両面から考察しています。3年次では、プロスポーツ・学校体育・生涯スポーツといったテーマごとのグループで調査を計画し、収集したデータの集計・分析結果の発表などを行います。4年次には、選定した個人のテーマについて卒業論文を仕上げます。調査・研究の手法を学びながら同時にスポーツ実践現場への理解を深め、また研究対象者や各種企業・スポーツ団体などとのやりとりを通じて礼儀作法や社会性を身につけていきます。
この他、運動学や心理学・生理学などの視点から動作の分析や心身の反応を考える、トレーニングやコーチングなど競技力を高める方法を追求する、保健科教育や体育科教育の視点から児童・生徒の体力や健康問題を考えるなど、様々な興味関心に応える多くのゼミナールが準備されています。