人間総合科学大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

人間総合科学大学

人間科学部 ヘルスフードサイエンス学科

めざすのは食のスペシャリスト

ヘルスフードサイエンス学科では、「人間の総合的な理解」を基本に、食や栄養の観点から「生命」「健康」を科学的・統合的視点で探求する能力を身につけます。
「人間総合科学」を基盤に「食」と「栄養」について幅広く学び、バイオテクノロジーや生命科学の科学的基盤のもと、食育から食の安全・安心、食品・食材のリスク管理や食産業での総合マネジメントといった総合的な知識・技術・実践力を持つ、社会に求められる人材を養成します。
「グローバルフードビジネス分野」では、国際基準の「食の安全・安心」の総合マネジメント・リスク管理を担う人をめざします。
「ヘルスフードサイエンス分野」では、食品・食品素材の開発・製造・流通などヘルスフードビジネスの分野で現代人の健康の維持増進、疾病の予防を担う人をめざします。
「フードマネジメント分野」では、食の多様化に合わせた流通・サービスを意識し、食をトータルコーディネートできる人をめざします。
ヘルスフードサイエンス学科では、食産業界のプロフェッショナルをめざします。

食物学を学ぶ 栄養・食物

3分野の学びで、幅広い「栄養・食物」の領域をカバー

「食」のフィールドは幅広く、畑から食卓まで、自分の興味のある分野を学ぶことができます。
例えば、食卓で目にする食品から健康食品・スポーツ選手が飲用するプロテイン、サプリメントなど食品の知識を活かして新たな「食」を生み出す「食品開発」や、食材をいかにおいしく、栄養価を高めて人々に提供するかを考える「加工技術」、栄養のバランスを考え、健康に良い食事をコーディネートする「フードコーディネート」など、学ぶ領域はさまざまです。
「グローバルフードビジネス分野」「ヘルスフードサイエンス分野」、「フードマネジメント分野」の3分野で、自分の目標や希望の進路に合わせて自由な選択が可能です。

4年間を通して、幅広い職業人としての成長を支援

ヘルスフードサイエンス学科の学生は、第1次産業から第6次産業にかかわる食産業の多様な企業や組織のうち、自分の希望の進路に応じて企業や団体を選択し、『インターンシップ』を行うことができます。企業などでの就業体験を通して、「ヘルスフードサイエンス」の意味と重要性を理解し、職業意識の形成、責任感、協業力、自律性など、社会人として自立していくための能力を身につけます。
また、食事をする際の照明やテーブルコーディネート、基本的なマナーやサービスを身につける「フードコーディネート論」、食・栄養と脳の働きとの関連や認知症予防効果のあるアンチエイジング食材の開発などについて考える「ブレインサイエンス」、基礎的な調理技術を身につけると同時に、食材の知識、正確な計量・温度・盛り付け・配膳などの理論を学ぶ「調理学実習」など、さまざまな角度から食について学びを深めていきます。