新潟工科専門学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

専修学校(専門学校) / 新潟県 認可

新潟工科専門学校

新潟県唯一※在学中に1級建築士合格が目指せる!2019年度2級建築士合格率75.0%/全国22.2%

新潟工科専門学校(NIT)は普通科出身比率81%!丁寧な指導で建築・インテリア・大工・測量・土木・設備・電気・通信のスペシャリストを育成する県内唯一の工業系総合学校※

【本校のポイント】
<建築>
■2020年度、1級建築士専攻科を新設。2年(建築系学科)+2年(1級建築士専攻科)の計4年で1級建築士を目指せる
■2019年度 2級建築士合格率75.0%(合格者21名/受験者28名)全国平均22.2%
<インテリア>
■全国コンペで日本一の優秀賞受賞(日本インテリアファブリックス協会HP 2019年)
■建築とインテリア両方学べる
■在学中にインテリアコーディネーター取得を目指せる
<大工>
■古民家リフォームやウッドデッキ制作を経験
■県内最大規模の実習場
■1・2級建築士も目指せる   
<測量土木>
■ドローン等最新測量&土木技術を学ぶ
■国家資格「測量士補」取得を目指す
<電気>
■第1種電気工事士等、国家資格の多数取得を目指せる
■第2種電気工事士は無試験取得
■大手電力会社など安定の就職先
※新潟県専修学校各種学校協会HPより

トピックス

2020.04.01 全国トップクラスの国家資格合格率!ゼロから1・2級建築士を目指す!

■最新2019年度 2級建築士 最終合格率 75.0%
(建築士専攻科実績:合格者数21名/受験者数28名)全国平均22.2%
【学科】89.3%(全国平均42.0%)【製図】84.0%(全国平均46.3%)

 合格率は全国トップクラス!

2級建築士の受験資格認定学科として建築系4学科を設置(建築士学科、建築デザイン科、インテリアデザイン科、建築大工科)。
それぞれ2年制課程を卒業すると、2級建築士試験の受験に必要な実務経験が免除となります。更に、建築士専攻科(1年制)に進学することで合計3年間、最短20才での在学中合格を目指すことができます。また、新設された1級建築士専攻科(2年制)に進級することで、21才での1級建築士合格も目指せます(免許取得には4年間の実務経験が必要です)。資格試験の高い合格率の秘訣は、自慢の試験対策授業。長年築きあげた合格メゾットで、毎年多くの建築士を輩出しています。

2020.04.01 街の建物を設計&施工!実践的な実習で技術を磨く!

在学中から「ホンモノの建築物をツクル」実習に力を入れて取り組んでいます。
実際の店舗デザイン(内装・外装)、住宅の設計・施工、古民家のリフォームプラン企画・施工、姉妹校の校舎デザイン等、社会に出ないと経験できないことを実習を通して在学中に経験できます。講師陣はもちろん、現役の建築業界のプロ。普段学んでいることが現場ではどのように活かされているのかを学び、多くの実践的実習を通して技術に磨きをかけます。

2020.04.01 社会人や大学生も応募する全国コンペで日本一の「優秀賞」受賞!*

大学生や現役の建築士も応募する新潟県建築士会主催の設計コンペで、2年連続で「大賞」受賞の快挙を達成!さらに連続入賞記録を10年に伸ばすなど、建築分野で高い評価をいただいています。
また、プロも応募するインテリアの全国コンペ(JAPANTEX インテリアデザインコンペ)においても、2019年度に日本一である優秀賞を受賞!! 奨励賞も3名受賞!さらに入選が10名と、合計で14名が入賞・入選!入賞・入選率は全国1位、2年生の75%が何らかの賞をいただくという快挙を達成!更に2014年度から2019年度まで、6年連続の入選となりました。
クラス全員で実力を上げていける学校です。
*一般社団法人 日本インテリアファブリックス協会 2019年10月

2020.04.01 全国で35.4%のみ!「職業実践専門課程」の認定校

本校の各学科は、質の高い職業教育を受けた証明にもなる文部科学省の新教育課程「職業実践専門課程」の認定*を受けた、全国でも数少ない認定校です。この課程では、実際の企業と連携し授業カリキュラムを組んでいるため、各業界で今必要な「知識・技術」をしっかり学ぶことができます。例えば建築士学科では「特殊建築物」(学校・体育館・病院など)の計画手法、インテリアデザイン科では色彩計画(色の心理・配色と色彩調和など)をはじめとした多くの授業を企業の方から学びます。現役のプロから直接学ぶことで、社会に出て役立つ実践力を自然に身につけることが可能となり、就職に有利です!
※文部科学省2019年3月 職業実践専門課程認定一覧より

2020.04.01 海外研修

本校では全学科それぞれカリキュラムの中に「海外研修」を計画。日本にはない珍しい建築物や歴史が感じられる街並み、外国の人々との触れ合いを通して国際的な感覚を身につけます。2019年度は、スペイン・ハワイ・カンボジア・上海で研修を行いました。外国で刺激を受けることで、これからのグローバル社会に対応できる力を培います!

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2017~2019年3月卒業生実績

S.U建築設計(株) | アサヒアレックスホールディングス(株) | 金井大道具(株) | ダイエープロビス(株) | (株)加賀田組 | (株)信越測量設計 | サンワコムシスエンジニアリング(株) | (株)提建築設計事務所 | セキスイハイム信越(株) | (株)二村建築 | (株)ネクスコ東日本エンジニアリング | 川口土木建築工業(株) | 東北電力グループ(株)ユアテック | (株)東京インテリア家具 …など

【就職実績 (2019年3月卒業生)】
就職率98.3%(就職者数119名/就職希望者数121名)
専門業界就職率100%(就職者数119名/就職希望者119名)
担任と就職専任スタッフのWサポートで、希望の業界への就職が叶います!

就職支援

★就職決定まで徹底サポート!
全国各地への就職を、OB・OGネットワークがバックアップ!
開校以来6,000名を超える卒業生を専門業界に輩出するNIT。卒業生の活躍は各企業から高い評価を頂き、後輩たちへの求人採用を有利にしています。また、多くの就職先企業にNIT卒業生が在籍しており、安心して社会人としてのスタートを切ることが出来ます。伝統と信頼の実績が叶える、強力なバックアップシステムです。
また、クラス担任と就職専任スタッフとの2人3脚により、学生の自主性を大事にした細かな就職支援を行っています。
【主なサポート】
・クラス担任制(担任が履歴書の書き方から丁寧に指導)
・キャリアカウンセラー(就職担当の先生が常駐)
・進路相談室
・NIT就職セミナー(外部講師の先生から指導)
・卒業後の資格取得アドバイス

★ほとんどの学生が、NITで学んだ事を生かす仕事に就いています!
建築士、大工、インテリアコーディネーター、電気工事士、測量士、土木技術者、エンジニアなど、毎年、多くの卒業生がNITで学んだ専門知識を生かせる仕事に就いています。

各種制度

新潟工科専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

建築士資格取得を応援!建築士学科からの進学で、建築士専攻科(1年制)の学費が36万円に!

建築士学科から建築士専攻科へ進学する場合、もれなく学費が36万円となります(免除額62万円)。建築デザイン科・インテリアデザイン科・建築大工科からの進学の場合は、筆記試験を行い、成績によって最大で62万円の免除を行います。仕事をしながらの自力取得が難しい2級建築士資格。NITは、現役での2級建築士資格取得を応援しています。

合格への最短ルート!AO入試制度!

当校への入学を希望する方の意欲・熱意・将来の目標を面談で確認し、志望学科・将来の職業の理解を深め、当校のアドミッションポリシー(※)に合った方に、優先的に入学定員を確保する制度です。
AO入試制度には様々な特典もあり、AOⅠ期(6~9月でAO面談認定の場合)では、入学選考料(2万円)と入学金半額(5万円)が免除となります。

※当校のアドミッションポリシー
「建築・インテリア・大工・測量・土木・設備・電気・通信」分野に強く進みたいという意思を持っていること。将来の夢や目標の実現に向けて就学できる人。

学費分割納入制度

NSGカレッジリーグ独自の、学費を月毎に分割納入できる制度です。日本学生支援機構の奨学金をお申込いただき、学生本人の預金口座から自動引落による学費納入を行います。入学前の資金の準備が少額で済む、実質金利0%で分割納入を行うことができる、NSGカレッジリーグ独自の制度なので手続きも簡単、などのメリットがあります。詳しくはお問合せ下さい。

NSGカレッジリーグ無利子奨学金制度

家計の事情により就学が困難と思われる学生を対象に奨学金を貸与し、卒業後、無利子で5年以内の返還期間を設けることで就学の便をはかるものです。また、入学金免除制度、日本学生支援機構奨学金、国の教育ローンなど、各種学費サポート制度を用意しており、一人ひとりを個別にサポートします。詳しくは、募集要項をご覧ください。

学校No.764更新日: 2020.04.07

新潟工科専門学校ページ上部へ