新潟経営大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

新潟経営大学

経営情報学部 経営情報学科

社会を担うリーダーとなる実践的なマネジメント能力を養成

企業・スポーツ・教育・観光など、現代社会のあらゆる分野において求められるものが「経営」です。そもそも経営とは、ヒト・モノ・お金・情報をもとに組織をつくり、人と社会に喜ばれる価値をつくり続ける営みのこと。経営情報学科では、企業経営に必要な知識や技術のうち、特に経営戦略、マーケティング、企業会計、企業情報システムの整備・運用についての専門的な知識と技能を学習し、企業経営のスペシャリストの育成をめざします。

特に昨今のネット社会の成長とともに、企業経営もダイナミックに進化しました。現代社会において、コンピュータを利用した情報システムをいかに企業経営に活用するかという研究は不可欠であり、一般企業はもとより、病院、学校、国や自治体でも求められている学びです。その上で、人々や組織を創造するマネジメントの本質を学ぶことで、国際化、情報化が加速する現代社会を担う心豊かでたくましいリーダーを養成します。

2021年度より新カリキュラム始動

学生自身の興味・関心・得意分野を活かして進むべき道を発見しやすくするために、経営・商業、会計、情報、英語、国際、経済・法律の6つの分野より、経営を多面的・体系的に修得できるカリキュラムを組んでいます。
また、2021年度からの新カリキュラムでは、地場産業の振興、交流人口の増大といった、地域の特性を活かした地域創生人材の育成を重視した「観光・地域創生分野」、「スポーツビジネス」および「スポーツプロモーション」という、スポーツ分野ユニットが加わります。これにより、学びの幅が広がり、科目選択の自由度も高まります。

こんな学問が学べます。
  • 経営学
こんな職種が目指せます。
  • ショップ・店オーナー(経営者)

経営情報学部 スポーツマネジメント学科

経営の視点を持ったスポーツビジネスのプロフェッショナルを育成

スポーツは体力の向上や健康長寿の基礎であると同時に、地域の活性化やスポーツ産業の広がりによる経済的効果など、明るく豊かで活力のあるコミュニティを形成するうえで、大きな役割を果たしています。スポーツマネジメント学科では、経営情報学部に設置された豊富な科目群から、経営学に関する基礎的な知識を修得しながら、スポーツ全般を幅広く学習していきます。さらに社会の仕組みを理解し、課題や問題に対しての解決策を提案・実行できるマネジメント力を養成します。

学習においてのキーワードは「自ら気づき、感じ取りながら学ぶ」。そのため実践的な実習科目を充実させ、地域スポーツクラブの運営に携わるなど、実際にスポーツビジネスが行われている現場で、“生の経営”が体験できるプログラムを整えています。プロ野球やJリーグなどプロチーム経営に携わっていたフロント経験者、元プロ選手やアメリカでのトレーナー経験者など、教員も魅力的。スポーツ界での実績を持つ先生たちが丁寧に指導を行うことで、実務的な知識と技能も養われます。こうした学びの環境のなかで、直接スポーツに携わるトレーナーや指導者はもちろん、地域のスポーツライフをつくり活性化する、地域の資源を生かしたスポーツイベントやスポーツツーリズムを開発するなど、地域に貢献する人材を育んでいきます。

スポーツを学び、明るい将来を切り拓く人材に!

スポーツマネジメント学科では、「スポーツビジネス・地域スポーツ」「コーチング・ストレングストレーニング」「健康スポーツ・アスレチックトレーニング」という3つの専門的な分野から総合した学習を行います。

「スポーツビジネス・地域スポーツ」は、ビジネスの観点からスポーツを考え、スポーツ施設の利用者やスポーツイベントの観客など、スポーツに関わる人に喜ばれる仕組みを創造する力を身につけます。ビジネスの場面では、現状把握、課題抽出、課題解決の方策などを自らで考え実行する力が必要となります。そこで思考のトレーニングを繰り返しながら、説得力と実行力の両面を持ち合わせた人材を育んでいきます。

「コーチング・ストレングストレーニング」では、トップアスリートから市民にまで適用する身体の動かし方や体力づくりを学習。新潟経営大学には、規模・器具・種類ともに最高水準のトレーニングルームが完備され、トレーナーとしての実践を重ねていける環境が整っています。トレーナーの活躍は、競技に限らずフィットネス・医療・介護の分野にまで広がっています。対象の人々に合わせて、指導の方向性も変わっていくため、技術や知識以上に人間性を重んじた学びで、トレーナーとしての基礎を養います。

「健康スポーツ・アスレチックトレーニング」では、医学的な視点も踏まえ、人の身体のつくりや機能をはじめ、健康維持・増進のための運動を学習。また、競技にとらわれず、高齢者や子どもにスポーツの機会を提供する試みを進め、学生自らが地域に出向き、指導を行っています。地域で指導することで学生自身が輝くことができ、将来のキャリア形成にもつなげています。

こんな学問が学べます。
  • スポーツ学
こんな職種が目指せます。
  • スポーツトレーナー