新潟医療技術専門学校の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 新潟県 認可

新潟医療技術専門学校

視能訓練士科

眼科医のサポートを行う専門職

即戦力となれる人を育成する!

視能訓練士とは、視力・視野・色覚などの検査のほか、斜視・弱視など目に障害がある患者さんの視る力を回復させたり、生活に必要な補装具の選定をサポートしたりするお仕事です。
少子高齢化社会の現代において、健康上、眼の病気や悩みを抱える患者さんが、今後さらに増えていくことが考えられます。そんな乳幼児からお年寄りまで幅広い世代の、たくさんの方の眼の健康を守る「エキスパート」とも言えます。

本校の視能訓練士科は3年制。少人数のグループで患者さんの誘導や各機器の操作・検査などを学びます。まず1年次に、眼の仕組みや働き、視器の解剖・生理・病理学の講義に加えて、電子カルテの入力に備えたコンピュータ実習を学び、しっかりとした土台をつくります。その後、2年次は講義で得た知識を基に様々な専門実習で技術を磨き、3年次には、実際の臨床現場で働く視能訓練士から指導を受ける臨地実習があります。
この臨地実習は、視能訓練士の仕事を身近で学び、今まで身につけた知識や技術を基に、実際の患者さんと接することのできる大変貴重な実習です。

ゆくゆくは実際の現場で、患者さんへの気配りや気持ちに寄り添うことのできる思いやりを持った人となり、即戦力となれるよう育成していきます。

みんなが同じ目標だから頑張れる

国家試験合格、就職に向けた手厚いサポート!

本校の視能訓練士科では、「国家試験合格」を全学生が目標とし、合格に向け、様々な対策を行っています。
この国家試験合格対策は、臨地実習を終えた11月からスタートします。
各分野の授業のほか、実際の国家試験と同様の形式・タイムスケジュールで模擬試験を実施。問題に偏りが出ないようたくさんの分野から配分を考えて出題されるので知識が深まります。時には専門分野の外来講師を招き、特別講義を行うこともあります。
このように、全員が「国家試験合格」という同じ目標に向かっているため、先生と学生の距離も近く、分からないことや悩みがあっても気軽に相談できるので、大変心強いとの声も聞かれます。

また、本校では国家試験合格対策以外にも、様々な就職対策指導を行っています。
採用試験対策や、出願・面接に関する指導のほか、先輩たちによる就職講演会や、実際の現場でとても重要となる接遇マナーの講習なども行っています。
学生一人ひとりを大切に、その人の持つ目標や、個性を活かせるよう、個別面談や手厚いサポート体制があるので安心です!

こんな学問が学べます。
  • 医学
こんな職種が目指せます。
  • そのほかの医療系の職業

看護学科

人々の健康と暮らしを見守る専門家

施設や設備が充実。実践力に直結する学びを受けよう!

一人ひとりの日常生活を整え、健康の維持、病気の予防、病気からの回復をサポート…それが看護師の仕事です。“人を看る”という、看護師独自の視点で人々を観察・判断をし、患者さんの生命と生活を支えています。
現在、様々な場で求められ、活躍の場が拡大している看護師。
その活躍の場は、高度専門医療を提供する病院のほか、健診センターや企業の保健室、慢性の持病を抱える患者さんや、死に臨む患者さんをサポートする在宅看護など様々であり、また、患者さんやそのご家族のみならず、日本に暮らす外国人、世界の人々など、あらゆる人々を対象にどんどん広がっています。
2017年に設立されたばかりの看護学科では、そういった世界の人々の多様な暮らし、文化および言語の理解を深められるよう、文化人類学・ロシア語・中国語会話をカリキュラムに組み込んでいます。
新たに完成した西新潟中央病院キャンパスでは、実践力を育成するための実習室、最新式シミュレーターなどの施設・設備を整えています。そのほか、学生個々に使用できるタブレット型端末や、電子教科書・映像などの各種教材を活用し、学習成果を上げています。
また、西新潟中央病院に隣接しており、実際の医療現場の医師・看護管理者・認定看護師・管理栄養士・保育士などと連携した教育体制をとっているため、実践力に直結する知識と技術が学べる点も魅力的です。

夢を叶えるために全力でサポート

少人数制だから相談しやすい!経験豊富な教員だから安心!

本校の看護学科は定員80名ですが、1クラス40名の2クラス体制をとっています。また、チューター制を導入し、個別指導を行っています。その他、学生と教員の交流を深める合宿研修など、コミュニケーションをとれる機会をたくさん用意しているため、教員との距離が近いところも魅力の一つです。
加えて、アクティブラーニングを導入し、学生の学ぶ力を育てる教育を重視しています。

教員たちは、学士・修士・博士などの学位を取得している教員のほか、学生や後輩たちへの教育経験が豊富な教員、看護経験や人生経験が豊富な教員と、様々な教員が揃っています。

看護師とは、いつでもどこでも「人々の健康と暮らしを見守る」仕事であり、たくさんの人から信頼されることが重要です。本校の教員たちは、そんな看護師に必要不可欠な知識を学ぶうえでの学習支援はもちろんのこと、キャンパスライフでの悩みごと、困りごとにも親身になって相談に乗ってくれます。

「勉強が苦手だけど、国家試験合格できるかな」「面接で緊張してしまうけど、就職できるかな」と、不安を感じる学生は少なくありません。しかし、皆さんの夢の実現に向けて、本校の情熱あふれる教員たちが全力を尽くし支援してくれるので安心です!

こんな学問が学べます。
  • 看護学
こんな職種が目指せます。
  • 看護師

臨床検査技師科

医療現場に欠かせない検査のスペシャリスト

実習を重視!現場で活きる技術が身につく

臨床検査技師とは、心電計や脳波計などの機器を使って、患者さんの身体の表面もしくは内部を調べるほか、患者さんから採取した血液や尿、便などの「検体」を分析し、病気の診断・治療に必要な情報を医師へ提供する「検査のスペシャリスト」のことを言います。

現在、この臨床検査技師の活躍の場はとても広く、たくさんの臨床現場で必要とされる仕事です。その活躍の場は、検査を外部委託される検査センター、学校や企業の健康診断を行う健診センター、クリニックなどのほか、検査だけでなく、不妊症治療の人工授精に携わる胚培養士(エンブリオロジスト)、糖尿病患者さんの療養(自己管理)を指導する糖尿病療養指導士などさまざまです。

本校の臨床検査技師科では、3年間を通して実習を重視しており、この姿勢が本校最大の魅力でもあります。
まず1年次は、化学や生物などの基礎科目のほか、解剖学や生化学などの専門基礎科目を中心に学び2年次からの専門科目に備えます。ピペットや天秤など実験に必要な器具や試薬の取り扱いも、実習で触れられるため、理解を深めることができます。2年次からは検査データを採り出すための技術だけでなく、病気と検査との関係性についても実習を中心とした授業で学ぶことができます。3年次にはそれまでに学んできた知識と技術を使い、実際の臨床現場で実習を受け、現場で活かせる技術を磨きます。その後、国家試験合格に向けた模擬試験や集中講義などの合格対策も用意。全員で国家試験合格を目指していきます。

たくさんの先輩が活躍しています

万全な就職対策!

新潟医療技術専門学校のたくさんの卒業生が現在臨床現場で活躍しています。そんな先輩たちが待つ臨床現場に、全員が就職できるよう就職対策を積極的に行っています。
医療の現場一員として、チームワークを大切にする気持ちや、患者さんへの思いやりの心を持つことは大変重要であり、誰からも信頼される人間を目指す気持ちが必要不可欠です。

臨床検査技師科では、国家試験やさまざまな試験に合格するための対策授業はもちろんのこと、2年次には接遇マナーについて学び、就職説明会や就職個別面談会などの就職対策を実施し、万全な就職サポートをしています。それにより、実際の現場の患者さんに対するマナーや心構えを身に付けることができます。
本校は、長い歴史が培ってきた先輩方や施設からの信頼性の結果から、毎年多くの求人数を確保しており、たくさんの卒業生を就職に繋げています。
また、就職担当の先生がみなさんを手厚くサポート!一人ひとりの個性を活かした面接指導もあるので、夢に向かって、安心して就職活動に臨めます。

こんな学問が学べます。
  • 医学
こんな職種が目指せます。
  • 臨床検査技師