淑徳大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

淑徳大学

コミュニティ政策学部 コミュニティ政策学科

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

アドミッション・ポリシー

コミュニティ政策学科は、入学者の受入れの方針(アドミッション・ポリシー)として、以下の知識・能力、学修意欲、資質等を有している者を受け入れる。

1.求める学生像
高等学校で履修した主要科目について、基礎的な知識を有し、基礎的な課題を解くことができる。
コミュニティ政策学の学びに強い興味と関心を持ち、学んだことをサービスラーニング等の活動を通じて、実践の場で生かす意欲を有している。
コミュニティ政策や現代社会の課題に対する強い興味と関心を持ち、自ら学び、課題解決に取り組む意欲を有している。
本学科での学修により学位授与が見込まれる資質・能力・意欲があることを、高等学校での活動等から確認することができる。
将来の職業選択や各種資格の取得に向け、高い意欲と絶えざる努力ができる態度を有している。
自分の考えを、口頭や文章で適切に表現できるコミュニケーション能力を持ち、他者と協調・協働して行動でき、主体的に物事に進んで取り組むことができる。

2.入学者選抜の方法
コミュニティ政策学科では、次の3つの方法を単独又は複数組合わせて選抜を行う。

高等学校での評定平均値及び活動の履歴・成果等に関する書類審査
面接
高等学校での履修科目に対する学力検査

3.入学前に学習しておくことが期待される学習内容及び学習態度
コミュニティ政策学科における学修への円滑な移行が可能になるよう次の知識の学習及び意欲の保持が望まれる。

「国語」及び「英語」を中心に、読むこと、書くこと、話すこと及び聞くことの基礎的な知識・技能を身に付ける学習
「現代社会」や「政治経済」など、社会事象や社会のしくみ、政治や経済に関する基礎知識を身に付ける学習、現代社会や政治・経済の問題に対する興味や関心などの意欲
インターンシップ(職業体験)やボランティア等を通じて、社会の現場に参画することへの意欲

地域経済の活性化、地域の課題解決、社会の現場で”地域政策”を学ぶ

地域社会が抱える諸問題を、社会学・経済学・法律学・政策学という4つの側面から考え、社会人として求められる「問題を発見し解決へと導く基礎的能力」を養います。また、行政機関、企業、スポーツ団体等と密に連携し、インターンシップをはじめ、その道のプロを招いての講義や共同プロジェクトなど、幅広い視点から問題解決の実践の提案を実現できる力を身につけるために、参加型・双方向型・体験型授業を展開しています。

こんな学問が学べます。
  • 法学
  • 政治学
  • 経済学
  • 社会学
  • 地域社会
  • 総合政策学