令和健康科学大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学 / 学校法人巨樹の会

令和健康科学大学

2022年4月開学予定(設置認可申請中)

看護学部 看護学科

学修の効果、効率、魅力性を高める授業設計と学習環境

本学科は、大学4年間の学習の中で、新人看護師が一人前の看護師になるまでを疑似体験しながら、学習していきます。学内で患者(仮想)を受け持ち、学内の電子カルテから患者の背景や健康課題について情報収集をした後に、看護技術の演習を行います。他の演習を行う際も患者を受け持ち、患者の健康課題を解決することを目的に学習します。ネット環境があれば、電子カルテにいつでもどこでもアクセス可能ですので、eラーニングを活用して、事前、事後学習の充実も図ることができます。

新キャンパスで、最新の医療機器が揃った施設で最先端の学びを受けられる。

模擬病室や模擬集中治療室を完備した空間には、コンピューターで制御された特殊な人形があります。実際の医療現場を再現した病室で、判断力やスキルを身につけることができます。また、臨床実習では、本学の協力施設である総合病院の医療現場にて、地域医療から最先端の医療まで幅広く学べ、実践力を身に付けられます。また、協力施設だからこそ、大学講師と現場スタッフの連携が徹底されており、実習中の悩みや不安についても迅速に対応が可能です。

こんな学問が学べます。
  • 看護学
こんな職種が目指せます。
  • 看護師

リハビリテーション学部 理学療法学科

医工連携の実現により、先端科学を理学療法に活用するスキルを修得。

テクノロジーの進化に伴い、理学療法はさらに高度に深化していきます。これからは、高度な機能を持つ先端的な機器を理学療法に活用し、治療効果を高めることができる理学療法士が求められる時代です。そのため、本学では医学と工学の連携(医工連携)に注力するとともに、様々な生体信号や情報を「収集」「送信」「蓄積」「分析」「活用」できるスキルを育み、科学技術を活かした未来の理学療法を創造できる人材、そして、未来の健康観や価値観の変化に対応できる人材を育成します。

5つの専門分野の教員によるユニット制教育で、高度専門分化する理学療法に対応。

同じ専門性を持つ教員がユニットを構成し、学習科学に基づき綿密に設計された授業や研究を展開。さらに、4年間にわたって各ユニットの専門性を「横断×縦断」学習することにより、高度な知識と技術を身につけます。また、1つの授業を教員2~4名で行うことにより、ディスカッションを取り入れた参加型の協同学習を実現し、問題発見能力・思考力・分析力・判断力・創造力を育み、現実空間とサイバー空間が高度に融合したSociety 5.0の医療を担う能力を養います。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 理学療法士

リハビリテーション学部 作業療法学科

自分らしく健康に生活するための“作業”を大切にする作業療法士を養成

「人は作業をすることで元気になれる」と言います。“作業”とはその人にとって目的や価値のある生活行為を指します。この“作業”ができなくなると、人は身体的・精神的に不調になるなど、健康を害してしまいます。本学では、作業療法の対象を従来の「身体や精神に障害をもつ人や高齢者」から「一般の人や地域社会」すなわち予防に拡大します。さまざまな学問分野との融合を図ることで、すべての人が自分らしく“作業”し、イキイキと働ける社会の実現を図るために、医療職種との多職種連携の他に、異業種の専門家と連携を図る手法を学びます。

“作業”の面からロボット・AIの活用や地域課題に取り組む

産業テクノロジー技術の発達にともない、医療・福祉分野へのロボット技術や人工知能(AI)の導入を積極的に行うことで、使用者の「作業の可能化」を実現するための道具である福祉用具の発展は大きく進むものと考えます。また、地域産業の衰退や引きこもりなどの社会問題は行政、地域住民、家族と連携し、作業療法の知識と融合させる学修を行います。
これにより、就職先を医療・介護・福祉施設に限らず、行政や一般企業で仕事をすることへの道が広がります。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 作業療法士