名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 舞台芸術領域の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 舞台芸術領域

舞台芸術領域

舞台芸術分野に求められる知識と技術をしっかり身に付ける「アカデミックな4年間」

舞台芸術は、舞台上の大道具や小道具を創る舞台美術家、光で舞台を演出する照明デザイナー、音をデザインする音響プランナー、舞台芸術を企画制作する舞台プロデューサーやディレクターなどが集結し、創り出されます。舞台芸術領域では、「舞台美術コース」「演出空間コース」「舞台プロデュースコース」の3コースを設置し、それぞれの職種のプロフェッショナルを育成します。

1年次は、舞台芸術業界の常識や歴史、さらには3コース全ての専門知識と技術の基礎をオールラウンドに学べる「ファンデーション」というカリキュラムを設置しています。ひとつの専門性を極めるだけではなく、自分が目指す職種と多種多様な職種の専門性を磨くことで、舞台芸術の現場でより可能性を広げられる創造力を養います。

2年次からはコースを選択し、目指す職種の知識と技術を専門的に学んでいきます。3年次には、演出家との共同作業を本格的に開始。演出家の意図や舞台のスケールに合わせながら制作していくことで、より学びを深めることができます。また、プロから学べるインターンシップなども実施し、実践力も養います。

多職種連携で創る学びの集大成「卒業制作公演」

学びの集大成として4年次には、領域全体が一致団結し、卒業制作公演に取り組みます。卒業制作公演は、実際の劇場で実施する大掛かりな公演のため、1年間かけて準備を進めていきます。この共同作業は、多職種連携の必要性を実感したり、新しい発見や豊かな発想が生まれたりするなど、さらに学生一人ひとりの成長につなげることができます。

また、卒業後のキャリアをより向上させるために、社会人に求められるスキル「社会人基礎力」も修得。舞台芸術分野の世界で幅広く活躍できるよう、教養や高いコミュニケーション能力を養うカリキュラムも編成し、さまざまな職種と共に協働できる能力を高めます。

同時に、各コースで卒業研究も行うことで、実践を支える理論性も養い、4年間の学びを完成させます。

こんな学問が学べます。
  • 経営学
  • ビジネス学
  • 観光学
  • デザイン工学
  • 画像・音響工学
  • 工芸学
  • 美術
  • 音楽
  • 舞台・演劇・舞踊学
こんな職種が目指せます。
  • CADデザイナー
  • CADオペレーター・CAD技術者
  • CADインストラクター
  • 空間デザイナー
  • スポーツのチームや組織で働く人
  • 営業
  • 販売
  • 広報・宣伝
  • 経営企画
  • 企画業務
  • 販売促進
  • そのほかの旅行・ホテル・ブライダル系の職業
  • 照明
  • 音響スタッフ
  • 音響効果に関する職業
  • サウンドマン(録音技師)
  • 美術・美術監督・デザイナー
  • テレビ業界で働く人
  • 大道具に関する職業
  • 小道具に関する職業
  • そのほかのマスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の職業
  • 舞台監督(ステージ)
  • 舞台監督(音楽)
  • 舞台演出家
  • 舞台照明
  • 舞台美術
  • 舞台音響
  • 舞台機構調整技能士
  • コンサート・ステージスタッフ
  • コンサートプロデューサー
  • 美術デザイナー
  • コンサートプロモーター
  • イベントスタッフ
  • イベントプランナー
  • イベントプロデューサー
  • そのほかの音楽・舞台・イベント系の職業